「別室 料理とお菓子」今週のおすすめ記事(2021年1月4日〜2021年1月8日)

2021.01.09

編集長・小田です。新年が明けたかと思ったら、いきなりの緊急事態宣言。心がざわつくことも多いでしょうが、そんなときはどうぞおいしい料理とお菓子で安らいでください。個人的に料理とお菓子は、家の中でできる最高のエンタテインメントだと思っています。

まずは来週1月15日金曜日に発売予定の新刊からのレシピです。人気料理家・堤人美さんによる、これまた人気の調理家電・ホットクックのレシピ集『暮らしが変わる!家に帰ってスグおいしいホットクックごはん』です。

材料たったの2つだけ! 話題の調理鍋ホットクック で作る〜堤人美さんの「豚肉とトマトのオイスターソース煮」
2021.01.08

材料を入れて放っておくだけで、本格的な煮込み料理が作れます。写真のようにオンザライスにしてもたまりませんね!

とはいえずっと家にいて料理をし続けるのもなかなかつらいものです。ぱぱっと手軽に済ませたいときは炒めものがおすすめ。

時短料理の王様・炒めものが、しっかりメインのおかずに!〜ワタナベマキさんの「豚ひきとみつばの甘辛炒め」のレシピ
2021.01.07

逆に趣味性の高い料理に打ち込みたいのであれば、パン作りがおすすめです。

簡単すぎるのに、外側パリッ!中はもっちり〜真藤舞衣子さんのボウルひとつで作れるこねないパン「チャバタ」のレシピ
2021.01.50

パンにしろお菓子にしろ、生地を作っているあいだは心が「無」になりますよね。

さて、1月6日は公現祭、ガレット・デ・ロワの日でした。近ごろではかなりの人気のようで、人気店では予約分だけで捌けてしまうそうです。数年前まではいくらでも買えたのものですが、日本での認知度が上がってきた証左でありましょう。フランス菓子の歴史に詳しい加藤里名さんが、ガレット・デ・ロワの由来を解説してくれています。

【菓子研究家・加藤里名のフランス菓子の旅②】新年のお菓子「ガレット・デ・ロワ」
2021.01.06

ちなみに今年のわが家はフレデリック・カッセルのものにしました。

オーソドックスな「トラディショネール」は売り切れで、さっぱりとしたクリームの「ココ・アナナス・シトロンヴェール」を買うことができました。フェーブは渋めです。

そういえばラデュレのフェーブが毎年かわいくて一時期集めていたこともありました。今年のものはまだチェックしていないので、あとで見ておこうと思います。

編集部員・足立のコラムは第2回。今回はカメラマンさんのエピソードです。

【料理本製作の裏側〜よもやま話〜②】まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本/2回目
2021.01.04

様子が目に浮かびます…。

なにかと大変な時期ですが、なるべく今できる楽しいことをして、乗りきりましょう。それではみなさん、よい週末を。

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ