体がぽっと温まる! 素材そのものの味を引き立てた齋藤菜々子さんの「和風ポトフ」

体にいいおかず、作ろう
2021.02.01

かぶが出回り始めました。そのうまみを余すところなく活かせるレシピがこちら、齋藤菜々子さんの「和風ポトフ」です。ほんのり薄めの味つけが、 素材そのものの味を引き立ててくれて、体がぽっと温まる一品。 先日、またまたまた重版がかかったばかりの、大好評のこちらの本からのご紹介です。

齋藤菜々子『基本調味料で作る体にいいスープ』(主婦と生活社)

汁ものとしてはもちろん、主菜にもなってくれるような、満足感のあるスープのレシピ集です。塩、しょうゆ、みそといった、基本の調味料で作れるごく簡単なレシピを多数ご紹介しておりますので、ご興味あればぜひ!

 

和風ポトフ

 

[材料と下準備] 2~3人分

鶏もも肉… 1/2枚(150g)
 ▶ひと口大に切り、塩少々をふる

長ねぎ… 1本

かぶ(茎が3cmほどついているもの)… 1個
 ▶6つ割りにする

しいたけ… 2枚
 ▶石づきを取って4つ割りにする

🅰️
|だし汁… 500ml

|しょうが(薄切り・皮つき)… 2枚
|酒… 大さじ1
|みりん… 小さじ1
|塩… 小さじ1/3

サラダ油… 大さじ1/2

粗びき黒こしょう… 適量

 

[作り方]

1️⃣ 鍋にサラダ油を中火で熱し、鶏肉の皮目を下にして入れ、長ねぎも加えて焼く。それぞれ焼き色がついたら裏返し、🅰️、かぶ、しいたけを加える。

2️⃣ 煮立ったらふたをし、弱火にして7分ほど煮る。

3️⃣ かぶがやわらかくなったら器に盛り、粗びき黒こしょうをふる。

 

アレンジ
カレー

スープの1/2量ほどに刻んだカレールウ50gを加えて溶かし、煮詰めてとろみをつける。温かいご飯150gに添えていただく。

 

料理 齋藤菜々子さん

料理家、国際中医薬膳師。一般企業に就職後、忙しい日々の中で料理を作ること、食べることが心身の充実につながることを実感し、料理の道を志す。料理家のアシスタントを務めながら、日本中医食養学会、日本中医学院にて中医学を学び、国際中医薬膳師の資格を取得。独立後は「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材を使った親しみやすい家庭料理のレシピを、雑誌やWebなどで提案している。
料理家齋藤菜々子 公式ホームページ
Instagram

 

photo 福尾美雪 styling 駒井京子

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ