材料たったの4つ!レンチンで作れて驚きのおいしさ!!お弁当にぜひ〜上島亜紀さんの「ポテトサラダ」のレシピ

きょうのお弁当なあに?
2021.06.14


4月からお弁当生活がスタートして、早くも3か月め。そろそろ毎日のお弁当作りに疲れてきた頃ではないでしょうか…?(その気持ち、よーくわかります!)

そこで今回は、料理家・上島亜紀さんが実践している、らく〜に作れるお弁当の秘密を大公開! なんといっても上島さんは、今年社会人2年目となった息子さんのお弁当作り歴20年以上の大ベテラン。毎朝息子さんにお弁当を作るかたわら、自分の分も作っておいて、お昼に食べて味をチェックしていたというのですから、冷めてもおいしいお弁当作りについてなら何でも聞いて!なのです。

まず、メインのおかずは定番のもの。あとは卵のおかず1つ、野菜のおかずは少量なのでレンチン(もしくは切ってあえるだけのもの)でOK。ね、そう考えると、ぐっと気がラクになりませんか…? 
レンチン、または切ってあえるだけの野菜のおかずがまた、上島さんレシピだと抜群のおいしさなのです(ちなみにこちらのおかずは、編集担当Aがもう何度も作っているものばかりです。うちでは倍量にして夕飯のおかずにも…♪)。

そうして作れるお弁当のおいしそうなことといったら! 『らく弁:メインのおかずは10種類だけ!』では、バラエティ豊かなお弁当をたくさんご紹介してくださっています。

   

今日はこの本の中から、レンチンでこのおいしさ!!と大感激したポテトサラダのレシピをご紹介します。ポテトサラダって冷めてもおいしくて、ごはんに本当によく合いますよね。ぜひ作ってみてくださいね!


ポテトサラダ


ポテトは、サイコロ状に切ってかわいく。
もちろんつぶして作っても◎ですよ。


【材料(1人分)】
じゃがいも(1cm角に切る)…小1個(80g)
ウインナ(5㎜幅の輪切り)…1本
・マヨネーズ…大さじ1
 ・パセリ(粗みじん切り)…少々

【作り方】
1    耐熱ボウルにじゃがいも、ウインナの順に入れ、ラップをふんわりかけて電子レンジで1分30秒加熱し、そのまま1分蒸らし、粗熱がとれたらAを混ぜる。

 

上島亜紀さんのお弁当レシピはこちらにも


photo:木村 拓(東京料理写真) styling:大畑純子

 

『らく弁:メインのおかずは10種類だけ!』(主婦と生活社)


定価:1540円(税込)
息子さんのお弁当作り歴20年以上の上島亜紀さん。抜群においしいお弁当作りのコツはメインのおかずは10種類だけ主菜は食べ慣れた定番のおかずがいちばん。人気のおかず10種類のくり返しでも、味つけさえ変えれば飽きることはありません。副菜には必ず卵のおかず 色みもきれいな卵のおかずは、お弁当には必須。卵焼きは具材を変えれば無限の可能性が。オムレツや味玉も味つけ次第でバラエティ豊かになります。野菜のおかずはレンチンで 少量でいい野菜のおかずは電子レンジにおまかせ!  または、切って混ぜるだけのあえものや浅漬けでOK。作るおかずは3品だけ。シンプルで作りやすさ満点! それでいて白いごはんがすすむ、抜群においしいおかず満載の1冊です。

Profile

上島亜紀

AKI KAMISHIMA

料理研究家。夫、社会人の息子と3人暮らし。ジュニア・アスリートフードマイスター、パン講師、食育アドバイザー。神奈川県の自宅にて、料理教室「A’s Table」を主宰。女性誌、テレビ、単行本でのレシピ提供、カフェや企業のレシピ監修などで活躍中。簡単に作れる家庭料理から、おもてなし料理まで幅広く提案。著書に『らく弁:メインのおかずは10種類だけ!』『作りおきできる。がっつり!ごはんの友』(ともに主婦と生活社)、『考えなくていい 冷凍作りおき』(ナツメ社)『ちゃんと食べてる?親に届ける作りおきおかず』(ともにナツメ社)、『一度にたくさん作るからおいしい煮込み料理』(成美堂出版)など。
Instagram  kamisimaaki

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ