あっさりむね肉を最高にジューシーに揚げるコツはこれ!〜藤井恵さんの「鶏むね肉の白ごまから揚げ」のレシピ

きょうの夕ごはん
2021.08.02


暑くなってきたら、から揚げとビールで「今日も1日お疲れさま〜」。カリカリ、ジュワーッのから揚げで、暑さも疲れも一気に吹き飛びますよね。
そんな時におすすめなのが、藤井恵さんの『から揚げ、つくね、そぼろの本』です。

みんなが大好きなから揚げのアレンジが、なんと21種類も掲載。
藤井さんが今イチ押しの練りがらしで下味をつけるシンプルなものから、チキン南蛮、油淋鶏(ユーリンチー)、チリソース味にタンドリーチキン風、ささみのあっさり揚げ、手羽中のカリカリ揚げまでと、もしかしたらこれ1冊で、一生分のから揚げがまかなえてしまうのではないかというくらいの充実ぶり。


それ以外に、つくねやそぼろのレシピもついていて、腹ペコ家族全員が大満足してくれるおかずが満載です。

 
その中から今回は、鶏むね肉であっさりといただけるヘルシーレシピをご紹介します。コツは卵と少しのごま油をからめて、ふんわり、ジューシーに仕上げること。揚げたてのアツアツをぜひめし上がってくださいね。


鶏むね肉の白ごまから揚げ

卵と油でコーディングして、ジューシーに仕上げます。
20分ほど漬けてから揚げると、一層おいしくなります。


【材料(2〜3人分)】

鶏むね肉…小2枚(320g)
・しょうが(すりおろす)…1かけ
 ・しょうゆ…大さじ1
 ・酒…大さじ1/2
・溶き卵…1個分
 ・ごま油…大さじ1/2
 ・片栗粉…大さじ4
 ・白いりごま…大さじ3
揚げ油、サラダ菜…各適量


【作り方】

1   鶏肉は3~4cm角のそぎ切りにし、をしっかりもみ込み、を順に加えて菜箸で混ぜる。
  中温(170℃)の揚げ油に手でころもをからめながら入れ、強火でこんがり4〜5分揚げる。サラダ菜を添える。

 

藤井恵さんのから揚げレシピはこちらにも

 

photo:木村 拓(東京料理写真) styling:大畑純子

『から揚げ、つくね、そぼろの本』(主婦と生活社)


定価:922円(税込)
家族に人気のおかずベスト3「から揚げ」「つくね」「そぼろ」が、もっとおいしく作れるようになる絶品レシピ集。基本の作り方から、がっつり/ヘルシー/つまみ風のレシピ、のっけごはん/のっけサラダまで、バラエティ豊かに展開。から揚げと一緒に食べたいポテトサラダやコールスロー、つくねとともに食べたいマカロニサラダや春雨サラダなども、あわせてたっぷりと紹介。残った時のおいしいアレンジ法まで網羅した、永久保存版・大充実レシピ本です。

Profile

藤井恵

MEGUMI FUJII

1966年、神奈川県生まれ。管理栄養士。女子栄養大学卒業後、料理番組、フードコーディネーターのアシスタントなどを経て、料理研究家に。著書に『和えサラダ』『50歳からのからだ整え2品献立』『家庭料理のきほん200』『から揚げ、つくね、そぼろの本』『ギョウザ、春巻き、肉団子の本』『のっけ弁100』(すべて主婦と生活社)、『藤井弁当』(学研プラス)、『はじめての「味つけ冷凍」』(文化出版局)など多数。
Instagram:fujii_megumi_1966

 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ