こっくりみそ味で白いごはんがいくらでも!家族に人気の常備菜〜飛田和緒さんの「ひき肉のみそ炒め」のレシピ

作りおきメモ
2022.05.27


冷蔵庫に入れておけば、出してすぐにおいしく食べられるおかず=常備菜。おかげさまでとてもたくさんの方に手にしていただいた、飛田和緒さんの『常備菜』。忙しい日、疲れた日に「あと一品ほしい」という時、本当に助かりますよね。

その続編となる『常備菜2』では、鶏肉やひき肉、まぐろやかつおだけ、なすやピーマン、ブロッコリー、かぼちゃ1つで作れる、家族みんなで食べられてごはんがすすむおかずが、数多く掲載されています。

その中から今回は、ひき肉を使ったおいし〜い常備菜をご紹介。白いごはんにのせれば、もういくらでも! ごはんをたっぷり炊いてから作ってみてくださいね。

ひき肉のみそ炒め

【材料(4〜5人分)】
豚ひき肉…300g
なす……3本
ピーマン…2個
玉ねぎ…1/2個
にんにく、しょうが…各小1かけ
・みそ…大さじ2〜3
 ・砂糖…大さじ1と1/2
 ・酒…大さじ1
 ・しょうゆ…少々
サラダ油…大さじ1

【作り方】
1 なすはヘタを、ピーマンはヘタと種を除き、玉ねぎとともに1.5cm角に切り、なすは水に5分ほどさらす。にんにくとしょうがはみじん切りにする。
2 フライパンにサラダ油を熱し、水けをきったなす、玉ねぎ、ひき肉、にんにくとしょうが、ピーマンの順に加えて中火で炒める。全体に油がなじんだら、混ぜたを加え、汁けがなくなるまで炒め合わせる。

【メモ】
冷めたら保存容器に入れて冷蔵保存し、日持ちは約4日。今回は夏秋野菜ですが、冬には細かく刻んだごぼうやれんこんで作れば、根菜ひき肉炒めに。旬の野菜をたっぷりと入れて、季節を問わずに作ります。

飛田和緒さんのレシピはこちらにも】

 

photo:吉田篤史  styling:久保原惠理

『常備菜2』(主婦と生活社)


定価:1430円(税込)
シンプルな材料で、簡単に作れて、毎日のごはん作りをラクにしてくれる常備菜。大ヒットとなった飛田和緒さんの『常備菜』の大好評第2弾。冷蔵庫から出してすぐにおいしく食べられる、ごはんがすすむおかずを111点紹介。お弁当にもぴったりな肉の常備菜。地元の魚をさらにおいしく食べるための魚のおかず。メインはもちろん、箸休めやお弁当のすき間をうめるのにも便利な野菜のシンプルな常備菜。体にいい乾物の洋風やエスニックのおかず…などなど。日々のごはん作りの中で新たに生まれた、「飛田さんちの味」をぜひお試しください。

 

Profile

飛田和緒

KAZUO HIDA

1964年、東京生まれ。夫と娘との3人暮らし。高校3年間を長野で過ごし、短大進学とともに再び東京で暮らし、会社員などを経て料理家に。日々の暮らしから生まれる、身近な食材で作る無理のないレシピが人気。その中には、長野に住む母や友人によって知った長野の味、自身が暮らす湘南の味、その土地ごとの味と向き合い、食材を食べきる知恵も詰まっている。著書に『常備菜』『主菜』『つまみ』『常備菜2』(すべて主婦と生活社)など多数。
Instagram:hida_kazuo

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ