ほくほくのじゃがいもで作るマヨいらずのポテトサラダ!〜飛田和緒さんの「たことじゃがいものケッパー混ぜ」のレシピ

つまみノート
2022.10.28


日に日に寒くなってきて、根菜のおいしい季節がやってきましたね。今日はそんな日にぴったりな、飛田和緒さんのポテトサラダのご紹介ですよ〜。

ポテトサラダというと、ついたっぷりのマヨネーズであえたくなってしまいますが、飛田さんのこちらのレシピは違うのです。
ケッパーとオリーブ油を加えてあえるから、お酒にぴったり。そう!こちらが掲載されている『つまみ』には、お酒がすすむおかずがたっぷり載っています。たとえばこんな感じに…。


お酒に合うということは、白いごはんにももちろんぴったりなわけで…。家族みんなでおいしくいただけること、間違いなしです。

それでは早速レシピをご紹介しますね。少ない材料で簡単に作れるので、今夜のおかずにでもぜひ作ってみてくださいね。

たことじゃがいものケッパー混ぜ

【材料(2人分)】
ゆでだこの足…1本(120g)
じゃがいも…1個
ケッパー…小さじ山盛り1
・オリーブ油…大さじ1
 ・塩…ふたつまみ
 ・パセリ(みじん切り)…小さじ1
粗びき黒こしょう…少々

【作り方】
1 じゃがいもは、皮つきのまま丸ごと水から竹串がすっと通るまでゆで、熱いうちに皮をむいてざっくりつぶす。
2 たこは薄切りに、ケッパーは汁けをきって細かく刻む。
3 ボウルに12を入れて混ぜ、器に盛って黒こしょうをふる。

【メモ】
ケッパーが、味のポイント。ケッパーの酸味と塩けが、たことじゃがいもの味を引き立ててくれます。まずたことケッパーの塩けを確認してから、塩、こしょうで味を調えると、失敗がありません。

飛田和緒さんのレシピはこちらにも


photo:吉田篤史  styling:久保原惠理

『つまみ』(主婦と生活社)


定価:1430円
大ヒットレシピ本『常備菜』シリーズ・第3弾! 人気料理家・飛田和緒さんが家族のためにいつも作っている、さっと作れてとびきりおいしいお酒のつまみが、ぎっしり詰まった1冊。がっつり揚げものや肉のつまみ、さっぱりあえものやサラダ、さっと作れる炒めものに、火を使わないスピードつまみまで。白いごはんにもぴったり合うものばかり、家族みんなで楽しめる味を集めました。ビールに焼酎、ワインに日本酒……。どんなお酒にも合わせられる万能つまみ傑作集です。

Profile

飛田和緒

KAZUO HIDA

1964年、東京生まれ。高校3年間を長野で過ごし、現在は、海辺の街に夫と娘とともに暮らす。日々の暮らしから生まれる、身近な食材で作る無理のないレシピが人気。今回は、いつも楽しんでいるつまみを中心に、夫の得意メニュー、お酒好きの友人からヒントを得て生まれたものなども合わせて紹介。著書に『常備菜』『主菜』『つまみ』『常備菜2』(すべて主婦と生活社)など多数。
Instagram:hida_kazuo

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ