【3日間集中連載】レンチンで作れてしっとりジューシー。たっぷりの香味だれが抜群!〜エダジュンさんの「よだれ鶏」のレシピ

きょうの夕ごはん
2022.07.30


みなさん、鶏むね肉はお好きですか〜? 若い頃は断然もも肉派で、から揚げもチキンソテーも大好物❤︎だった編集部員Aですが、年齢とともにあっさり味がしみじみおいしいと思えるようになり、今ではすっかりむね肉派となりました。

鶏むね肉のうれしいところは、なんといってもお手頃価格、そしてたんぱく質がたっぷり! お腹周りが気になる身としては、たんぱく質ダイエットは満足感がありつつきれいにやせられるとあって、以前から興味津々でした。

そこで!先日発売になったばかりのエダジュンさんの『鶏むねダイエット最強たんぱく質レシピ150』。鶏むね肉を使ったヘルシーなおかずが、たっぷり150レシピも詰まっている本です。中身をちらっとご紹介すると…。


鶏むね肉で作るからこそおいしい「テッパンおかず」。鶏チャーシューは、フライパンでさっと煮るだけでしっとりと!チキンナゲットも、エダジュンさんレシピなら超簡単です。


みんなが大好きなサラダチキンも、いろいろなフレーバーで(プレーンもあります)。サラチキで作るサラダやあえもの、スープも、和洋中エスニックと幅広くご紹介。


こちらはこの本の目玉とも言うべき、“切り方しだい”でおいしくなるおかずたち。細切りにしたむね肉でチンジャオロースー、薄切りにしてバターチキンカレーにも!

このほか炒めもの、焼きもの、揚げもの、サラダ、スープ…と、鶏むね肉で作れるバラエティ豊かな料理がみっちりと紹介されています。エダジュンさんがお得意のエスニックテイストのものも必見ですよ!(この夏、ぜひ作ってみてください)。

150レシピのすべてのお料理に、たんぱく質量、カロリー、糖質量つき(エダジュンさんは管理栄養士)。どのおかずも糖質10g以下、カロリーは300kcal以下を実現。これなら、どんなに食べても安心ですよ〜!

この本の中から本日は、先日@ryourinohonのインスタライブでもご紹介した、「よだれ鶏」の作り方をご紹介します。レンチンで作れるから暑い夏にうれしい〜。たっぷりの長ねぎ入りのたれをどっさりかければ、ボリュームも満点です。

よだれ鶏

電子レンジで作れるクイックよだれ鶏には、
たっぷりの長ねぎ、ラー油をピリッときかせた
香りのいいたれを、どっさりかけていただきます。
青じそやみつば、みょうがやパクチーなど、
香味野菜をさらに足しても美味ですよ。

【材料(2人分)】
鶏むね肉(フォークで穴をあける) 1枚(250g)
・塩 ひとつまみ
 ・片栗粉 大さじ1/2
酒 大さじ2
・長ねぎ(みじん切り) 1/3本
 ・鶏のゆで汁 大さじ1
 ・しょうゆ、酢 各小さじ2
 ・ごま油、ラー油、白いりごま 各小さじ1

【作り方】
❶   鶏肉はを順にもみ込み、耐熱ボウルに入れて酒をふり、ラップをかけて電子レンジで2分加熱⇒裏返して2分加熱し、そのまま10分おく(ゆで汁は残しておく)。
❷   食べやすく切って器に盛り、混ぜたBをかける。

★1人分★
たんぱく質30g
220kcal
糖質4.1g


エダジュンさんのインスタライブの様子はこちらから

エダジュンさんの鶏むね肉レシピはこちらにも

photo:鈴木泰介 styling:深川あさり

『鶏むねダイエット最強たんぱく質レシピ150』(主婦と生活社)


定価:1595円(税込)
◆高たんぱく・低糖質の鶏むね肉で作る、糖質10g以下、300kcal以下の150レシピ◆
しっかり食べてもやせられる! 満足感があって、無理なく続けれられる! と、大人気の「たんぱく質ダイエット」。そこで、高たんぱく質食材の代表選手・鶏むね肉を使った、手軽なおかずを150レシピ集めたのがこちらの本。
レンチンやフライパンひとつでさっと作れるもの、人気のサラダチキンの作り方、鶏むね肉だからこそおいしいテッパンおかず、切り方でガラッとおいしくなる鶏むねマジック、蒸し鶏&ゆで鶏まで。150点すべてに「たんぱく質量・カロリー・糖質量」つきです!
【contents】
すぐでき鶏むねおかず
やっぱりサラダチキンは最強!
鶏むね肉のテッパンおかず
切り方しだいでこんなにおいしく!
蒸し鶏・ゆで鶏でラク〜にひと皿
「下味漬け」でぐっとおいしく!

Amazonはこちら
楽天ブックスはこちら

 

Profile

エダジュン

EDAJUN

料理研究家、管理栄養士。1984年、東京都生まれ。管理栄養士資格取得後、株式会社スマイルズ入社。「Soup Stock Tokyo」本部で商品の物流・購買などの仕事を行い、2013年に料理研究家として独立。「料理にやっちゃいけないことはない」をモットーに、固定概念にとらわれない料理を提案することを心がけている。「パクチーボーイ」の名義でも活動中。著書に『鶏むねダイエット最強たんぱく質レシピ150』『できるだけうちにある調味料で作る!エスニックつまみとごはん』(ともに主婦と生活社)、『フライパンひとつで!のっけ弁当』(学研プラス)、『アジア料理をカレーにしたら?』(文化出版局)、『野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150』(誠文堂新光社)など。
https://edajun.com/     
Instagram:@edajun  

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ