【2日間集中連載】コンテナ+レンチンで作れるボリュームたっぷりおかず!〜新谷友里江さんの「かぶのそぼろ煮」のレシピ

きょうの夕ごはん
2022.11.26

さて、昨日からご紹介させていただいている、年末の忙しい時期に向けておすすめのレシピ本、新谷友里江さんの『コンテナですぐできレンチンひとり分ごはん』。
用意するのは、「ジップロック コンテナー」ひとつ。コンテナに材料を切って詰め、冷凍ストックしておけば、あとは食べたい時に電子レンジ加熱するだけで、すぐにアツアツのおかずが食卓に出せるという、とてもうれしい1冊なのです。



使うのは、スーパーでもおなじみのこちらのコンテナ。 冷凍保存も電子レンジ調理もOK、そのまま食器がわりにもできてしまうスグレモノですよね。
これを味方につければ、時間がない日のごはん、オットや子どもたちのひとりごはん、リモートワーク時のお昼ごはんなどに大活躍してくれる、便利な“おかずのストック”が次々できてしまうんです!

昨日に引き続き、今日もコンテナレンチンごはんをご紹介。新谷さんのレシピは少ない材料で作れるのに、びっくりするくらいおいしいんですよ〜。ぜひお試しくださいね!

かぶのそぼろ煮

味のベースはめんつゆでも、鶏ひきのコクがあんにぎっしり。かぼちゃ、さつまいも、大根、れんこんでもおいしくできます。

◆コンテナ:700ml
◆電子レンジの加熱時間:600Wで8分

【材料(1人分)】
鶏ひき肉…100g
かぶ(6等分のくし形切り)…1個(80g)
かぶの葉(4cm幅に切る)…1個分(40g)
・めんつゆ(3倍濃縮タイプ)…大さじ1と1/2
 ・水…大さじ2
 ・片栗粉…小さじ1

【作り方】


コンテナにを入れて混ぜ、ひき肉を加えて菜箸でさっくりと混ぜて広げ、かぶ、かぶの葉をのせ、ふたをして冷凍する。

食べ方
取り出してふたを斜めにのせ、電子レンジ(600W)で8分加熱し、とろみつくまで混ぜる。

 

----------------

このほかこちらの本では、チャーハンやピラフ、のっけごはんの具、焼きそばや焼きうどん、ボリューム満点のメインのおかずもバラエティ豊かにご紹介。
野菜1つで作れる副菜、スープのレシピまで掲載されているので、1冊あればいろんな状況で便利に役立ってくれること、間違いなしです。冬休みのごはんストックとしても活躍してくれます。ぜひチェックしてみてくださいね〜。

    

photo:木村 拓(東京料理写真) styling:深川あさり

コンテナレンチンごはんのレシピはこちらにも

Amazonはこちら
楽天ブックスはこちら

新刊情報はこちらにも

『コンテナですぐできレンチンひとり分ごはん』(主婦と生活社)


定価:1694円(税込)
冷凍保存・電子レンジ加熱OKのフードコンテナに、切った材料と調味料を入れ、冷凍しておくだけ! あとは食べたい時に取り出して、レンチンするだけ! そんな目からウロコの調理法で作れる、ごはんもの、のっけごはん、パスタや焼きそば、メインのおかず、副菜がたっぷり100レシピ。

もちろん、コンテナを器がわりにして食べてもOK! 洗いものも減って、毎日のごはん作りがぐっとラクに、楽しくなりますよ。冷凍室で場所をとって困る…という方には、フリーザーバッグや冷蔵保存での作り方もご紹介。

【CONTENTS】
基本のコンテナレンチンごはん
1コンテナレンチンごはんで ごはんもの
2コンテナレンチンごはんで のっけごはん
3コンテナレンチンごはんで パスタ
4コンテナレンチンごはんで 焼きそば
5コンテナレンチンごはんで 焼きうどん
6コンテナレンチンごはんで メインのおかず
7コンテナレンチンごはんで 副菜
8コンテナレンチンごはんで スープ
【コラム】
ピンチの時のらくらくコンテナレンチンごはん

Profile

新谷友里江

YURIE NIIYA


料理家・管理栄養士。1983年、茨城県生まれ、2児の母。大学在学中から祐成陽子クッキングアートセミナーに通い始め、卒業後は同校講師、料理家・祐成二葉氏のアシスタントを経て独立。書籍・雑誌・広告などのレシピ開発、フードスタイリング、フードコーディネートを中心に活躍中。作りやすくて野菜たっぷりの家庭料理やおうちおやつを中心に、いつもの料理がちょっとした組み合わせの変化で楽しめるようになる、アイデアあふれるレシピが得意。
http://cook-dn.com
Instagram:yurie_niiya

 

 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ