コンテナが調理道具に!? 切って入れる⇒レンチンで作れるおかず本って…?【コンテナ本の読者モニターキャンペーンでわかったこと】

編集部のつぶやき
2022.11.30

こんにちは、編集部の足立です。先日インスタで実施した新刊『コンテナですぐできレンチンひとり分ごはん』の読者モニターキャンペーン、毎回このようなキャンペーンを実施する際には、「一体、皆さんはまず最初にどの料理を作ってくださるのだろう…?」と、実はとってもドキドキしています…。

わざわざそれを選んで作ってくださったということは、それがとてもおいしそうに見えたということ。もしくは、家にその材料がすぐにあったということ。それは一体何なのかな〜と、とても楽しみな反面、予想とあまりに違ったら…と不安な気持ちも半分なのです。

そして、今回多くの皆さんが作ってくださっていたのは…やはりごはんものが多かった!

ワンプレートで完結するごはんものは、やっぱり人気でした。本の巻頭に入れた理由もそうなので、その予想が当たってくれてほっとしましたー。

       
本の表紙にもなっている「ハムとピーマンのチャーハン」、そして「ウインナーとピーマンのカレーピラフ」、この2つが人気が高かったです。そうそう、コンテナごはんなら、ドリアだってラクラク作れるんですよ♪

次に多かったのが、麺もの。これまたワンプレートで完結するのがうれしいレシピ。パスタ、焼きそば、焼きうどんとありましたが、パスタの人気が高かったようです。皆さんのお料理、とってもおいしそうですよね〜。

   
パスタでは「キャベツとしらすのペペロンチーノ」「エリンギの明太パスタ」が人気を二分。コンテナ+レンチンで作ると、ちょっと生麺のようなもちもちっとした絶妙な食感に仕上がるんです。このほかカレー味のシーフード焼きそば、カレー焼きうどん、ナポリタンうどんも人気でした。パンチのある味が支持されるんですね!

そして、思いのほか多くの方が作ってくださったのが、野菜がたくさんとれる副菜シリーズ。写真は「無限ピーマン」と「にんじんとツナの粒マスタードマリネ」。どちらもわずか5分ほどの電子レンジ加熱で作れて、抜群においしいので、わが家でも繰り返し作っていますヨ! 

レンチンするとピーマンのクセはやわらぎ、にんじんはかたすぎず、やわらかすぎずの絶妙な歯ごたえに。ツナの風味とよく合って、うちではこれにすると子どもたちもモリモリ食べてくれます!

 
さらに、お料理上手な読者モニターさんは、なんとコンテナごはんをお弁当のおかずに!(これは私もまだチャレンジしていませんでした…)。忙しい朝に大助かり。私もやってみます!!

 
そして、チャーハンとスープ、ごはんもの、メインのおかず、副菜まで合わせて作って献立にしてくださった方も! どれも電子レンジの加熱時間は4〜6分ほどだから、あっという間にできちゃいますね。野菜もたっぷりでなんておいしそう!

  

忙しい毎日のごはん作り、少しでも楽しく、ラクにこなせたらうれしいですよね。読者はがきでは、「これから一人暮らしを始める娘に、コンテナとともに本を持たせる」というコメントをくださった方もいらっしゃいました。

年末年始に向けてますます忙しくなる日々、そんな皆さんのごはん作りにきっと役立つ1冊です。まだの方は、ぜひ書店さんでのぞいてみてくださいね!
★読者モニターにご協力くださった皆さん、本当にどうもありがとうございました!!




使うのは、スーパーでもおなじみのこちらの「ジップロック コンテナー」(700mlと1100ml)です。

 

コンテナレンチンごはんのレシピはこちらにも

Amazonはこちら
楽天ブックスはこちら

新刊情報はこちらにも

『コンテナですぐできレンチンひとり分ごはん』(主婦と生活社)


定価:1694円(税込)
冷凍保存・電子レンジ加熱OKのフードコンテナに、切った材料と調味料を入れ、冷凍しておくだけ! あとは食べたい時に取り出して、レンチンするだけ! そんな目からウロコの調理法で作れる、ごはんもの、のっけごはん、パスタや焼きそば、メインのおかず、副菜がたっぷり100レシピ。

もちろん、コンテナを器がわりにして食べてもOK! 洗いものも減って、毎日のごはん作りがぐっとラクに、楽しくなりますよ。冷凍室で場所をとって困る…という方には、フリーザーバッグや冷蔵保存での作り方もご紹介。

【CONTENTS】
基本のコンテナレンチンごはん
1コンテナレンチンごはんで ごはんもの
2コンテナレンチンごはんで のっけごはん
3コンテナレンチンごはんで パスタ
4コンテナレンチンごはんで 焼きそば
5コンテナレンチンごはんで 焼きうどん
6コンテナレンチンごはんで メインのおかず
7コンテナレンチンごはんで 副菜
8コンテナレンチンごはんで スープ
【コラム】
ピンチの時のらくらくコンテナレンチンごはん

Profile

新谷友里江

YURIE NIIYA


料理家・管理栄養士。1983年、茨城県生まれ、2児の母。大学在学中から祐成陽子クッキングアートセミナーに通い始め、卒業後は同校講師、料理家・祐成二葉氏のアシスタントを経て独立。書籍・雑誌・広告などのレシピ開発、フードスタイリング、フードコーディネートを中心に活躍中。作りやすくて野菜たっぷりの家庭料理やおうちおやつを中心に、いつもの料理がちょっとした組み合わせの変化で楽しめるようになる、アイデアあふれるレシピが得意。
http://cook-dn.com
Instagram:yurie_niiya

 

 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ