【2日間集中連載】コンテナ+レンチンで作れるめちゃウマ焼きそば!!〜新谷友里江さんの「ウインナーとアスパラの塩昆布バター焼きそば」のレシピ

きょうの夕ごはん
2022.11.25

秋が深まって、食べものが何でもおいしく感じられる季節がやってきました!(なんという食いしん坊コメント…)。今年も残すところ、あと1か月と少し。なんだか気持ちがわさわさしてきますね…。

そんな忙しい日のごはん作りにおすすめなのが、新谷友里江さんの『コンテナですぐできレンチンひとり分ごはん』。フードコンテナに材料を切って詰め、冷凍ストック。あとは食べる時に電子レンジ加熱するだけで、すぐにアツアツのおかずが食卓に出せるという画期的なレシピ本です。




使うのは、スーパーでも売られている「ジップロック コンテナー」。 冷凍保存も電子レンジ調理もOK、そのまま食器がわりにもできてしまうスグレモノ。
これを味方につければ、時間がない日のごはん、オットや子どもたちのひとりごはん、リモートワーク時のお昼ごはんなどに大活躍してくれる、“おかずのストック”ができてしまうんです。

今回は年末に向けての慌ただしい日々にお役立ち間違いなしの、レンチンで作れるおかずを2日間連続でご紹介。新谷さんのレシピ、少ない材料とうちにある調味料で作れてと〜ってもおいしいので、ぜひ試してみてくださいね。

ウインナーとアスパラの塩昆布バター焼きそば
 

ウインナー&塩昆布のうまみと塩けが、調味料がわり。
バターでコクを加えます。ツナや豚バラ、れんこんやしいたけで作っても。

◆コンテナ:1100ml
◆電子レンジの加熱時間:600Wで6分

【材料(1人分)】
・ウインナー(縦半分に切り、5mm幅の斜め切り)…2本(40g)
 ・グリーンアスパラ(下の皮をむき、1cm幅の斜め切り)…3本(60g)
 ・塩昆布…大さじ2(10g)
 ・バター…5g
中華蒸し麺…1玉(150g)

【作り方】


 
コンテナにを入れて麺をのせ、ふたをして冷凍する。

食べ方
取り出してふたを斜めにのせ、電子レンジ(600W)で6分加熱し、麺をほぐしながら混ぜる。

----------------

このほかこちらの本では、ひと皿で大満足のチャーハンやピラフ、のっけごはんの具、焼きそばや焼きうどん、ボリューム満点のメインのおかずもご紹介。
野菜1つで作れる副菜や、スープのレシピまで掲載されているので、1冊あるとさまざまなシチュエーションで使えること間違いなしです。冬休みのおかずストックとしてもおすすめ! ぜひチェックしてみてくださいね。

 

photo:木村 拓(東京料理写真) styling:深川あさり

コンテナレンチンごはんのレシピはこちらにも

Amazonはこちら
楽天ブックスはこちら

新刊情報はこちらにも

『コンテナですぐできレンチンひとり分ごはん』(主婦と生活社)


定価:1694円(税込)
冷凍保存・電子レンジ加熱OKのフードコンテナに、切った材料と調味料を入れ、冷凍しておくだけ! あとは食べたい時に取り出して、レンチンするだけ! そんな目からウロコの調理法で作れる、ごはんもの、のっけごはん、パスタや焼きそば、メインのおかず、副菜がたっぷり100レシピ。

もちろん、コンテナを器がわりにして食べてもOK! 洗いものも減って、毎日のごはん作りがぐっとラクに、楽しくなりますよ。冷凍室で場所をとって困る…という方には、フリーザーバッグや冷蔵保存での作り方もご紹介。

【CONTENTS】
基本のコンテナレンチンごはん
1コンテナレンチンごはんで ごはんもの
2コンテナレンチンごはんで のっけごはん
3コンテナレンチンごはんで パスタ
4コンテナレンチンごはんで 焼きそば
5コンテナレンチンごはんで 焼きうどん
6コンテナレンチンごはんで メインのおかず
7コンテナレンチンごはんで 副菜
8コンテナレンチンごはんで スープ
【コラム】
ピンチの時のらくらくコンテナレンチンごはん

Profile

新谷友里江

YURIE NIIYA


料理家・管理栄養士。1983年、茨城県生まれ、2児の母。大学在学中から祐成陽子クッキングアートセミナーに通い始め、卒業後は同校講師、料理家・祐成二葉氏のアシスタントを経て独立。書籍・雑誌・広告などのレシピ開発、フードスタイリング、フードコーディネートを中心に活躍中。作りやすくて野菜たっぷりの家庭料理やおうちおやつを中心に、いつもの料理がちょっとした組み合わせの変化で楽しめるようになる、アイデアあふれるレシピが得意。
http://cook-dn.com
Instagram:yurie_niiya

 

 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ