一年中手放せない「CLOSELY CLICK PEBBLE」のカットソー

今日のひとしな
2021.01.07

~「YARD」よりvol.7 ~

1月7日。木曜日。みなさまおはようございます。「YARD」たなかです。

最近は身体を締め付けることが苦手になってきて、纏う服もそうですが、インナーも着心地優先で選ぶようになってきました。そんな時に出会った「CLOSELY CLICK PEBBLE (クロスリー クリック ペブル)」のカットソーのご紹介です。

「CLOSELY CLICK PEBBLE」は、‟いつも身近においてほしいカットソーの定番商品”をコンセプトに、上質で品の良い、カジュアルなカットソーを提案しています。

ピンクページュ・ホワイト・グレー・ブラック 各¥9,000+tax、size(置き寸)身丈62cm、胸幅23~25cm、裄丈70cm

リブロングスリーブtee。

年間を通して着られるコットン80%、ウォッシャブルシルク20%の上質な天然素材を使い、ベーシックなカラーとデザインにほんの少し柔らかさがプラスされ、毎日愛用したくなる一着です。

インナーとして、または細身の長袖Tシャツとして着用していただけます。締め付けがなく、私は真冬のインナーもこちらを着用しています。身長150㎝の私には袖が少し長めですが、袖口からチラリと出して重ね着感も愉しんでいます。薄手のため、袖口ももたつきがなく安心です。

リピートされるお客様も多く、店頭にはなるべくきらさないようにしています。「こればっかり着てしまうね~」と嬉しいお声をいただいてます。病みつきになる、コットンシルクのとても滑らかな肌触り。

また、「CLOSELY CLICK PEBBLE」には、他にもおすすめしたい‟ひとしな”が。

ブラック・グレー・ピンクページュ・ホワイト各¥9,000+tax、size(置き寸)股下75cm、股上20cm、腰幅23~25cm

何かと一年じゅう重宝する、レギンス。

裾についた4つの釦がアクセント。寒い時期にはスカート合わせだけではなく、ワイドパンツやキュロットのインナーにも。ボタンを外してストンと落ちる着こなしも個人的にはかわいいなと思っています。

寒い時期、ナイロン系のタイツやストッキングが苦手な方にもオススメです。

ピンクページュ・ホワイト・グレー・ブラック 各¥9,800+tax、size (置き寸) 身丈62cm、胸幅23~25cm、襟丈14cm、裄丈70cm

こちらは秋冬にかけての新アイテム! リブタートルネックプルオーバー。

フィット感のある薄手のタートルは何か羽織るものの下にもぴったり。もっと寒くなってきた時には、襟元を寒さから守る心強いインナーとして大活躍してくれそうです。

最初は首回りがきつく感じるかもしれませんが、ボディと同じゆるいリブ素材なので、着込んでいくうちに馴染んできます。ウール混のタートルネックのチクチク感が苦手な人にも是非お勧めします!

パーカーと組み合わせるのもおすすめです。もたつき感もなくスッキリとした印象になります。

ストレスフリーな着心地は、生地面の凹凸がランダムに表と裏で互い違いに入り、ストライプのように見える変則テレコ素材。伸縮性があり、脇に縫い目がないので縫い代が肌にあたることなく、やさしく身体にフィットします。ウォッシャブル対応のシルク混なのでお手入れしやすいのが特徴です。耐光性には弱いので、陰干しか室内干しをおすすめします。上質な素材を長く着ていただくための一工夫、ぜひ取り入れてみてくださいね。

インナーシリーズは年に数回、定番で入荷しますので、少しずつ買い揃えていく楽しみも。「CLOSELY CLICK PEBBLE」はインナーシリーズだけではなくお洋服も年々アイテムが増えてきました。どれも着心地が軽く柔らかく。幅広い年齢層の方にご愛用いただいています。

 

 

オンラインショップはこちらから

→その他の「YARD」の記事はこちらから
→その他の「今日のひとしな」の記事はこちらから

YARD

住所:熊本市東区神水本町27-21
TEL:096-285-6592
※cafeご予約 096-285-6591

営業時間:11:00-18:00
※cafeラストオーダー 17:00

定休日:水曜日
https://www.com-project.jp/com/
instagram:@yard_haus
オンラインショップ:https://www.yard-online.com/

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ