ハチテン【週末市】なんだかんだで、このコート

2021.08.28

お久しぶりです、「HACHITEN(ハチテン)」の佐藤加奈子です。一年振りに「ここでしか買えない週末市」に参加させてもらいます。


今回ご紹介するのは【なんだかんだで、このコート】。相変わらずのふざけたネーミングですみません……笑。このコートとの出会いは、2017年冬の展示会。「このコート軽っ」試着した時の第一声。「コットンっぽいけどナイロン……。へー、だからこんなに軽いんだ!」そんな感想でした。


そして、2018年3月に納品されて試着した時。「あれっ、ナイロンが似合わない私でも似合ってる」(自画自賛……笑)。そう、私はこの時すでに、ナイロン独特の光沢が似合わなくなった年齢に突入。でも、このコートのつや消し加減と少しシワのある風合いが、40代後半になっていた私でも着ることができました。即決で購入し、その後は出張時の相棒にしておりました。


あれから3年経った今も、犬の散歩やドライブ等でずっと使っています。どんな気温でも、どんなシチュエーションでも、どんな服を着ていても、【なんだかんだで、このコート】を着てしまうのです。


ある日「そのコート、いいね」と夫さんに褒められました。それをきっかけに、このコートに対する想いが改めて溢れてきて、なぜ良いのか、どれだけ便利なのか、突然のプレゼン大会が始まったのです。

それはたとえば……


「自宅で洗濯できること」「カバンにクルクルポンって入れられること」「シルエットがコクーン型なので収まりが良く、どんな格好にも羽織れること」……。


そして、当時私はブラックを買ったのですが、他にベージュもあって、買い逃してしまってすごく後悔していることも……。

そんな熱い想いを、黙って聞いていた夫さんが一言。
「じゃあ、作ってもらえば?」

……!!!

そうか、「ハチテン」別注で作ってもらえばいいんだ! 随分前のアイテムだったので、ブランドさんにお願いして再生産するだなんて思いつきませんでした。ありがとう、夫さん。

さっそく次の日、私は動きました。服に関しての行動は早いんです……笑。そして、初めて出会ってから4年の時を経て、「ここでしか買えない週末市」に合わせ、今年の9月に再入荷することが決まりました。品名は【なんだかんだで、このコート】。カラーは「愛用しているブラック」と「買えなかったベージュ」です。

<ご購入はこちらから>
なんだかんだで、このコート(ブラック/ベージュ)

¥35,200(税込)
※お届けは9月下旬の予定です。


このコートについては、まだまだ語りたいのでもう少しお付き合いください。


①台襟の高さがちょうどいい。高いとカッチリ感出るし、低いとちょっと貧相に見えちゃう。この生地のコートにちょうどいい高さ。ボタンをぜんぶ止めても首元はラクです。
②ラグラン袖で肩周りもラク。下にたくさん着込んでも大丈夫。そして、ラグラン袖はどんな肩タイプの人も似合っちゃいます。
③比翼でボタンを留めると第1ボタンしか見えないので、スッキリして上品な印象になります。


④ポケットの位置が少し前側そして斜め。そう、細見え効果です。


⑤ゆったりしているけれど、生地が柔らかいのでもたつきません。


⑥ちょっと長めの袖、普段は折っています。寒い日はこんな状態にして手袋がわりに(?)


いかがでしたでしょうか?【なんだかんだで、このコート】。毎年春、秋にこのコートを出しては思うんです、「なんだかんだで、このコートだな」って……。きっと、これからも毎年、「なんだかんだで、このコート」だなって思い続けるんでしょうね。

 

動画でも詳しい紹介をしていますので、ぜひご覧くださいね。

 

モデル・文 : 佐藤加奈子
撮影 : 安達貴子

←その他の「HACHITEN(ハチテン)」の着こなしはこちらから

←その他の「ここでしか買えない週末市 2021秋」のアイテムはこちらから

HACHITEN(ハチテン)

2020年6月よりオンラインショップのみでの営業。
定休日:水、日曜

 

オンラインショップ
https://hachiten.8eight.co.jp

 

Instagram「@hachiten_shop
Pinterest「@HACHITEN ハチテン
YouTube「@HACHITEN

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ