「ローファー」をちょっと“厚底”に変えてみる

【新刊】それでもやっぱり、ほしいもの【PICK UP】
2021.12.08

新刊『それでもやっぱり、ほしいもの』の発売を記念して、旬の気分をひとさじプラスしてくれる小物使いをちょこっとご紹介。ベーシックな着こなしが好きだけれど、なんだかモノ足りない……なんてときに、ぜひ参考にしてみてくださいね。



「シンプルな服をおしゃれに見せるか否かは、実は靴選びにかかっています。足元さえアップデートしていれば、洋服は去年と同じものだって新鮮に見えるんです!」とスタイリスト・青木貴子さん。

「秋冬はコートやニットを着たりと分量感が出るので、シューズも重さやボリュームのあるものでバランスをとるのが大事」

そんな足元選びに今季おすすめなのが、ソールが厚めになったローファーやショートブーツ、白スニーカーなど。一見スタンダードなのに、横顔はさりげなくモード。そんなさじ加減が、大人のおしゃれにピリッと効くんです。

 

ソールやコバの分量感がポイント。
大人色のペニーローファー


(右)落ち着いたボルドーカラーでソールまで統一されたローファーは、ぽってりと丸みのあるシルエットが足先にほどよい重みをつくってくれる。
¥27,500 /カンペール

(左)コバの部分の白ステッチがポイントの黒ローファー。存在感のあるラバーソールで今年っぽく履ける。
「リビアナ コンティ」¥57,200 /グルッポタナカ


マニッシュな正統派ルックに
厚底ローファーで旬をひとさじ


グレンチェックのジャケットが主役のメンズっぽい着こなし。ここに定番ローファーではなく、厚底タイプを合わせるのがミソ。正統派のコーディネートがぐっと旬のムードに。
靴¥75,900 /トッズ・ジャパン ジャケット¥121,000、バッグ¥97,900 /ともにJ&M デヴィッドソン 青山店 「エストネーション」ニット¥13,200、「アッパーハイツ」パンツ¥25,300 /ともにエストネーション グラスホルダー¥41,800 / M・A・R・S  眼鏡¥34,100 /モスコット トウキョウ 「カリディ」手袋¥22,000 /エリオポール代官山

 

photo:和田直美 styling:青木貴子(WHiTEBOX) text:新田幸子


ただいま発売中の『それでもやっぱり、ほしいもの』では、ほかにも今の大人にちょうどいい服や小物をたくさんご紹介しています。これからの“ほしいもの”探しに、ぜひご覧になってみてくださいね。

Amazon 
楽天ブックス 

→そのほかの『それでもやっぱり、ほしいもの』の記事はこちら

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ