【大人服 DAY_3】リバティ柄ワンピース

おしゃれさんコーディネート
2022.04.17

こんにちは、「Daja」の板倉直子です。
4月の「おしゃれさんコーディネート」は、4/20(水)から始まる「大人になったら、着たい服×阪急うめだ本店 ちょっと出かけたくなるおしゃれ展」に並ぶおすすめアイテムをご紹介しています。
「おしゃれさんコーディネート」3日目は、草花がプリントされた、ロマンティックなリバティ柄のワンピース。
今回の連載は4/15(金)~4/17(日)の3日間連続でお届けしています。


今まで私が選ぶ服の中には「花柄」というものは一切存在しませんでした。
ましてや欲しいとか気になるとか、興味さえ抱いたこともなくこれまで過ごしてきたのですが、昨年の秋ごろから「次の春は何を着ようかな?」と考えたときにふと浮かんだのは大人の私でも違和感なく着ることができるロマンティックな花柄のワンピースでした。


そこまではスムーズにメーカーの方と春の企画が進んだのですが、これという柄がなかなか見つかりません。
国内外のあらゆる柄物の生地を集めては悩む日々が続きました。
やっぱり自分には柄物は無理なのかな、と諦めかけたときに出会ったのは、「リバティ」のアーカイブから探し出した3つの草花柄でした。


ワンピースのデザインは、「リバティ」の美しい柄が映えるよう、シンプルなものを。
ウエスト周りに細かいギャザーをたっぷりと入れたVネックワンピースが出来上がりました。



鮮やかなグリーンが美しいVネックのワンピースは、「ウィンター・ベリー」という柄で2017年に発表されました。
白ベースの生地に、緑色の木の実と熟した茶系の果実が描かれた、豊かな自然の恵みを感じさせる柄です。
ところどころに入る茶色が大人っぽく、爽やかすぎずに奥行きを感じさせるところが気に入っています。



ブラウンは、ウィリアム・モリスの「ストロベリー・メドウ」という柄。
モリスはイギリスで1800年代に活躍した詩人・デザイナーで、生活と芸術を一致させようとするアーツ・アンド・クラフツ運動を実践し、モダンデザインの父と呼ばれています。
1883年に発表された多色使いの「ストロベリー・シーフ(いちご泥棒)」を、2009年にシンプルなモノトーンで表現したのが「ストロベリー・メドウ」です。
いちごをついばむ鳥たちを温かく描いた可愛らしい柄ですが、ブラウンをベースにややグレーがかったオリーブ色で表現されるととてもシックな印象です。


ブルーは、1970年に初めて制作されたカラフルな「エマ・アンド・ジョージーナ」をもとに作られ、2011年に発表された「リバティ」を代表するブルーベースの普遍的な小花柄。
ホワイトベースにブルー系の小花が描かれた、大人のロマンティックを表現する素敵な柄です。


Vネックの他に、クルーネックの上品なデザインのワンピースもご用意しました。
スリットの入った袖口は折り返して着ることができ、春から夏、秋にかけて長く活躍します。
ボタンがアクセントとなっているウエストまでの前開きのデザインは、着脱も楽。




ウエストのインボックスプリーツは両サイドに2本ずつ、そして後身頃のセンターに1本入り、すっきりとしたシルエットに。



素材には「タナローン」と呼ばれる、リバティロンドン社が独自に開発した生地が使われています。
とても細い上質な綿糸で織られたコットン生地は、とても軽やかでシルクのような光沢感や肌触りを持ちます。
シワになりにくく、気軽に自宅でお手入れできるので普段着るのにぴったりな素材です。
そしてこの生地は、季節をあまり問わずに楽しめるのが良いところ。
春夏はプリントを生かして一枚で、寒い時季には厚手のニットなどを重ねても素敵だと思います。


リバティ柄のワンピースに、ネイビーの前開きワンピースをコートのように羽織ってみると花柄がチラリと見え、重ねることにより違う表情を楽しむことができます。



リバティプリントのワンピースはブラウン、ブルー、グリーンの3色、Vネックとクルーネックの2種類をご用意しております。
今まで柄物を着たことのない方にもぜひ試していただきたい、大人のロマンティックが楽しめるワンピース。
「Daja」のリバティワンピースで新しい自分に出会っていただけたら嬉しいです。
発売中の雑誌『大人になったら、着たい服2022春夏』でも詳しく掲載されていますので、ぜひご覧くださいね。

こちらのワンピースは、4/20(水)から始まる「大人になったら、着たい服 × 阪急うめだ本店」の会場でもご覧いただけます。

・・・・・・・・・・

リバティVネックワンピース
「michel beaudouin」
¥30,800 ( tax in )
※4/20(水)発売開始

リバティクルーネックワンピース
「Vent d‘ouest par Le minor」
¥29,700 ( tax in )
※4/20(水)発売開始

《リバティクルーネックワンピースのコーデ》
コットンリネンダンガリーシャツワンピース
「michel beaudouin」
¥30,800 ( tax in )

靴:私物

 

photo:伊東昌信

 

←その他の「Daja(ダジャ)」板倉直子さんの着こなしはこちらから

←その他の「おしゃれさんコーディネート」の記事はこちらから

Daja(ダジャ)

島根県松江市学園南2-12-5 HOYOパークサイドビル1F
TEL:0852-24-0112
営業時間:月~金13:00~17:00、祝日11:00~17:00
定休日:土曜、日曜(不定期で月に1回週末営業あり)
http://allo-daja.com
オンラインストア https://daja-online.com
Instagram(ショップ) @daja_matsue 
Instagram(イタクラ日記) @itakuranaoko 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ