合わせやすく、冬場はインナーとしても重宝 ‟わざわざ パンT”

今日のひとしな
2022.11.10

~「伝所鳩」より vol.10 ~

皆さんは洋服を買うとき、どのような点を重視して選んでいますか?

デザイン性、シルエット、カラー、サイズ感、流行などなど、服選びのポイントはいくつもあると思います。

私がいつも重視しているのは、「長く着られるかどうか」です。今日の”ひとしな”で、最初にご紹介した「もんぺ」もそうですが、自分と一緒に歳を重ねていくには、繰り返し着用してもへこたれない耐久性はもちろん、体に負担が少なかったり、デザイン的に飽きがこないかどうかも重要になります。


これらのポイントを満たしてくれたのが、長野県東御市の「わざわざ」と東京台東区の「yohaku」が作る‟パン屋のTシャツ”(通称:パンT)です。

このTシャツは、その名前からも分かるように、パン屋さんのハードワークにも耐えられるようにと、耐久性と作業性に特にこだわって作られた一枚。

耐久性が高い秘密は、密度を詰めて生地を編みたてる「度詰め」という編み方で仕立てられているため。

これによりハードに着用いただいても型崩れがないだけでなく、生地を洗濯した際、縮む割合は1%未満と洗濯を繰り返しても縮みがほとんどありません。そのため、長く着ていくうちにボロボロやヨレヨレになることもなければ、縮んできつくなることもありません。


また、肩はラグランスリーブで肩幅の大きい人もそうでない人もしっくりくるようになっています。

袖は9分袖という設定で、小柄な方なら9分袖、腕が長い方なら7分袖になり、体格の個人差をうまくカバーしてくれる造りになっているだけでなく、サイズ展開も5段階用意されているので、幅広い方に楽しんでいただけます。

ハードな仕事は、決してパン屋さんだけでなく、体を動かして働く方や毎日の家事や育児にも言えることで、丈夫でない服はすぐにだめになってしまいます。お気に入りの服がすぐにだめになってしまった経験は多いのではないでしょうか。

私たち夫婦も長年に渡ってかなりハードに愛用していますが、型崩れはなく、ほつれも起こっていません。最初はバリっと硬い生地が少しずつ柔らかくなっていき、何度も着ていくうちにより着心地よくなっていきます。生地がやや厚いため、洗濯後の乾燥には少し時間がかかるものの、風を通さないのと無地でシンプルなデザインは何にでも合わせやすく、冬場のインナーとしてもちょうど良いです。

オーソドックスなシルエットは、パンツにもスカートにも合わせやすく、ついつい手を伸ばして着たくなってしまいます。お店にもよく着て訪れてくださる方も。お話しを伺うと「ほとんど毎日着ていますよ!」と嬉しいお言葉をいただくこともあり、毎日の衣服の仲間入りをしてくれているようです。

ガシガシ着て、ガンガン洗える強い服、パン屋のTシャツ。お手入れを気にせず、毎日の暮らしで遠慮なく着れる服をお探しの方にはピッタリだと思います。

 

オンラインショップはこちらから


←その他の「伝所鳩」の記事はこちらから
←その他の「今日のひとしな」はこちらから

伝所鳩(でんしょばと)

住所:兵庫県豊岡市日高町祢布967
営業時間:11:00~17:00
定休日:月曜・火曜・水曜
お問い合わせ:https://denshobato.tokyo/contact
HP:https://denshobato.tokyo/
instagram:@denshobatotoyooka 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ