オケージョンにも、普段着にも。気分を変える別珍セットアップ

おしゃれさんコーディネート
2022.11.27


こんにちは。「Deife(デイフェ)」の神宮寺美也子です。

この記事を書いているのは11月24日、昨晩はサッカーW杯ドイツ戦でした(今晩はコスタリカですね!)。
朝からものすごく興奮して、やはり書き出しはこの内容に…
耐える部分と諦めずに挑戦していく気持ち。
なんでも仕事に置き換えて考えてしまう癖がありますが、とにかくパワーをもらう展開の素晴らしい試合でした。(わかりやすく面白い本田さんの解説も手伝って!)

本日はミッションが凄いのですが、興奮しているせいか朝から体が動きすぎて余分な掃除まではじめてしまい(今日やらなくていいのにと自分にツッコミつつ)、今やっとパソコンの前に落ち着きました。
時間は少し押しましたがきれいになって気分爽快で仕事ができるのはやはりいいですね。

この11月は有難いことに仕事もプライベートも目まぐるしく瞬く間に過ぎて行きました。楽しくやりがいがあることなので全く苦にはならないのですが、12月は少し整える時間も持ちたいと思います。

さて、いよいよ一年間季節ごと担当させていただいたこちらのコーナーも最後となりました。
今回は「Veritecoeur(ヴェリテクール)」より、上品な光沢感の別珍のジャケットとワイドパンツのご紹介です。

近年続いていたロング丈ブームもひと段落し(定番化した感じですね)、昨年くらいから少しずつ気になっているショート丈の羽織りもの。各ブランドさんが出されるショート丈のアイテムも増えてきたように感じます。

個人的にカバーオールやブルゾンなどは過去にも着てきましたが、いわゆるジャケットというのはきちんとし過ぎてしまい、自分らしくうまく着こなせず、皆様にもご提案が難しかったのですが、近年はかしこまり過ぎない雰囲気のジャケットなども出てきたり、自分の年齢や感覚も変わってきてジャケットを素敵に着たいという目標が出てきておりました。
そんな中、登場しましたこちらの別珍のジャケット。
そして、パンツとのセットアップも素敵となればもうオーダーは即決です。

素材はストレッチも効いている上品な光沢の別珍。
身幅やアームホールなど全体的に程よいゆとりもあり柔らかでカーディガンのようにとても着やすいつくりです。
裏地をコットンにすることで、保温性や日常にも落とし込みやすいカジュアルさがアップ。
この辺りが「ヴェリテクール」さんさすが! というところ。
かしこまりすぎるとなかなか出番がなくなってしまいますので。

まずはSUMIKUROをシンプルにセットアップで。

落ち着いたシックな色。真っ黒じゃないところが日常にとても着やすく合わせやすいです。
ジャケットの裏地はワントーン明るめでめくった時の色のバランスも素敵です。

パンツは程よい太さのワイドパンツ。パンツは裏地なしで軽くて柔らかく穿き心地抜群です。

後ろのパッチポケットの位置が絶妙で、抜け感を出してくれます。

このパンツがとてもはきやすく合わせやすいので(そして暖かい)今回の「ヴェリテクール」さんの展示会の最中、気がついたらずっとこのパンツをはいて色々スタイリングしていました。

ボタンは一つだけ止め、小さめの襟を立たせて。
ニット帽と白いバッグで少し崩しとラフ感を。



ジャケットをワークなサロペット(こちらは一昨年くらいに「ヴェリテクール」さんでリリースされていたもの)と。


今回はブラックで統一してますがカーキの無骨なカーゴパンツなんかに合わせるのも素敵だなと思います。
バッグも「JETMINMIN(ジェットミンミン)」でよりワークスタイル。

夜は少し寒いのでストールをプラス。「Chisaki(チサキ)」の上質なカシミヤ ストールと無骨なビニール素材のバッグを組み合わせて。価格もハイアンドロー。


パンツを今期ナンバーワン大ヒットアイテムの「UNIVERSAL TISSU(ユニヴァーサルティシュ)」ソフト圧縮ウールスムースワイドカーディガンと。

柔らかで暖かい圧縮ウールのカーディガン。閉めたり開けたり日常に使い勝手が抜群なアイテムです。
カーディガンに寄せてウールガーゼのストールをプラス。
このくらいの軽いスタイルもあともう少しかな。

先週ご紹介したダウンをプラス。
ダウンがオーバーサイズなので、ゆったりとしたトップスにも楽々です。


カジュアルすぎないマットな質感のダウンと程よい光沢の上品な別珍パンツ。
どちらもそれぞれの素材の雰囲気に寄っている感じで相性がいいです。


SUMIKUROの最後はシアーなシャツを合わせてオケージョンスタイル。


今回は手持ちのロングシャツを合わせましたがもちろんスタンダードな丈のシャツでも。


ラフに仕上げてある別珍ですが、きれいなものを合わせたらちゃんときちんと感も出ます。

もう一色はBEIGE。


こちらも統一感を出したオケージョンスタイルから。
一気に春感が出るやわらかで優しいベージュ。
私の手持ちのアイテムが少なくて少し寂しい印象もありますね。
素敵なコサージュやブローチがあるともう少し華やかでフォーマル感がアップすると思います。

バッグは10年くらい前にビンテージショップで買ったもの。

中に着た白のロングシャツは「UNIVERSAL TISSU(ユニヴァーサルティシュ)」のナチュラルライターバンドカラーロングシャツ。大変好評いただいているシャツ、この春久しぶりに再生産が決まりました。3月中頃の予定です。


「FACTORY(ファクトリー)」の新作のベビーキャメルエポーレットセーターと。

真冬に向かうこれからに安心のふかふかニットです。
合わせたバッグは私物です。いつか皆様にご提案したいと思っている美しい革製品です。

たっぷりとした長めの袖とリブの切り替えの雰囲気が印象的なニット。
シルクの柄物ブラウスをインに。


そろそろタートルのセーターもいい季節になりました。
風が冷たくなってくると首元の暖かさはとても大事になってくるのとやはりタートル独特のおしゃれさってありますね。
シックな深いグリーンのタートルは思い切った両サイドのスリットの動きが素敵な「Veritecoeur(ヴェリテクール)」のサイドスリットタートルネックニットです。

インナーには先程のシルクシャツそのまま着ています。
見せるインナーの着こなしを楽しみたいニット。同素材のクルーネックも長いシーズン着られてとても好評いただいています。

ベージュとブラックの鉄板の組み合わせは安定感と抜け感のある白インナーをプラス。

インナーは裾の見え方が抜群の「OLTA DESIGNS(オルタデザインズ)」のLong sleeve tee。
重ねた時に見える長めの丈と滑らかな素材も◎
1枚でも素敵です。

最後はインナーをそのままに、ジャケットとのセットアップのデイリーから少しお出かけバージョン。
きれいなオレンジのストールをポイントに。


ベージュのセットアップはカジュアルな雰囲気と上品さがよりアップ。軽やかさも素敵です。

デイリースタイルからオケージョンスタイルまでとても振り幅の広い別珍のジャケットとパンツ。
季節も秋から春先までのロングシーズン活躍してくれそうです。

少し新鮮な素材感でいつもの着こなしにも変化をくれるのも嬉しいです。
是非取り入れてみてください。


 

20代後半から夫のお店を少しづつ手伝うようになり、20年弱。
子育ても終わり、今では私がメインのお店に変わり様々な変化がありました。

以前にも書きましたが、数年前まではセットアップやアンサンブルなどはきちんとなり過ぎてどちらかというと苦手だったのに、今では積極的に好むようになりました。

お客様との会話でもよく上がりますが、肌や髪の質感の変化とともに、似合うもののデザインや素材感、欲しいアイテムも少しずつ変化して行きます。

お取引のブランドやセレクトするアイテムも自然に変化してきたのもそんな理由から。

一昨年くらい? から大ハマりしているポッドキャスト番組オーバーザ・サン(知ってる方も多いのでは?)で、先日ジェーン・スーさんが脱皮についてお話ししておりました。この脱皮という言葉が今の自分にすごく響きました。
脱皮やアップデートを繰り返し、今後も常に皆様に楽しんでいただけるお店を続けて行けたらなと思っています。

来年からは、今までの経験に基づき、変わらないようでいて、挑戦のような(??)展開も少しあります。
少し違う展開という流れで行けば挑戦ということになるのかもしれません。
またお楽しみにお待ちいただけましたらと思います。

この連載が終わってもたまにオンラインストアインスタグラムをのぞいていただけましたら嬉しいです。


それでは一年間ありがとうございました!

 

<スタイリング使用アイテム>

・アウター・
Veritecoeur / ベルベティーンジャケット ¥39,600
The LOFT LABO / NO COLLAR OVER DOWN JACKET“ DAMB ” ¥66,000

・ボトムス・
Veritecoeur / ベルベティーンパンツ ¥30,800

・トップス・
UNIVERSAL SEVEN / ウォッシャブルウールボートネックP/O ¥12,100
Dhal / TELECO U NECK LONGSLEEVE ¥9,900
UNIVERSAL TISSU / ソフト圧縮ウールスムースワイドカーディガン ¥13,750
UNIVERSAL TISSU / ナチュラルライターバンドカラーロングシャツ ¥17,050
FACTORY / ベビーキャメルエポーレットセーター ¥29,700
Veritecoeur / サイドスリットタートルネックニット ¥26,400
OLTA DESIGNS / Long sleeve tee ¥13,200

・ストール,グローブ,キャップ・
Chisaki / Bellyニット帽 ¥17,600
Chisaki / Yunca gloves ¥15,400
Chisaki / Yunca stole ¥41,800
Veritecoeur / ウールガーゼストール ¥17,600
LOCALLY / muji muffler ¥20,900

・靴・
CORSO ROMA 9 / VITTORIレザーパンプス ¥31,900
R.U. / Dessin Sue ¥41,800

・バッグ・
STUFF / pouch No.1 COTTON PARAFFIN CANVAS ¥6,600
JETMINMIN / FOLLOW-48 DOUBLE HANDLE ¥11,330

その他私物

 

←この他の「デイフェ」の記事はこちらから
←「おしゃれさんコーディネート」はこちらから

Deife(デイフェ)

静岡県浜松市中区佐鳴台4-11-1
Tel/Fax:053-451-6139
Open:12:00 – 18:00
Closed:Tue・Wed・Thu
HP:https://deife.jp/
Online store:https://deifestore.jp/
instagram:@deife_store

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ