50代のヘアスタイル・コシを生かした大人のハンサムボブ

大人になったら、着たい服
2024.06.13

近頃、何を着てもパッとしない……。歳を重ねるにつれ顕著になる髪の変化は、実はおしゃれにも大きな影響を与えています。そんなときこそおすすめしたいのが大人の戦略的ショートヘアです。

この記事は『大人になったら、着たい服2024春夏』から一部抜粋しています。

03
唐澤明日香さん
コシを生かした大人のハンサムボブ


コシのあるくせ毛、毛量は多め

「古い外国の映画が好きで、ショートヘアの女優さんの、ボーイッシュでどこか品のあるスタイルに憧れます」という唐澤さん。そんな唐澤さんの第一印象は、まさにハンサムウーマン! 自身がデザインするユニセックスな雰囲気の服を凜と着こなす姿は、自信に満ちて見えます。


唐澤さんの髪は1本ずつが太くて硬い、日本人らしい髪質。短くすると毛が立ちやすく、広がりが出て、イメージするショートヘアになりません。そこで長年通って
いる美容室「ヘア&メイクアップジェンティル」の平田智さんに相談して、耳の後ろの髪をすいて顔まわりがタイトに見えるスタイルにしてもらいました。襟足から後頭部に向かってボリュームを出したレイヤーカットも印象的。

日々のヘアケア

シャンプー&トリートメントは「ホーユー」プロマスターカラーケアを使用。週に一度「ヴェレダ」のローズマリースカルプクレンジングで頭皮ケア。朝のスタイリング時は「ヴェレダ」のオーガニックヘアオイルをつけ、しっとりとやわらかく。

襟あしすっきりのハンサムボブなら
襟にボリュームのある服を
すっきり着こなせる

トレンドのアウトドアテイストのフードつきコートは、唐澤さんがデザインする「ボンジュールビキボンジュール」のもの。ショートヘアなら、マニッシュな雰囲気で遊び心のあるキリリとしたハンサムスタイルが完成。


「巻き物をしたり、襟を立てたりしたとき美しく映えるのが、ショートヘアが凜として見える理由」と唐沢さん。この日着ていたジャケットブラウスも、ひと際美しく見えました。

 

撮影/和田直美 取材/八木優子

この記事は、全3回の連載予定です。

「*01 おしゃれに迷ったら、まずは髪を切ってみよう 桃井しのぶさんの黒髪ベリーショート」

「*02 70代のヘアスタイル・クセ強めボブでおしゃれを楽しむ」

→その他の「大人になったら、着たい服」の記事はこちらから

 

 

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ