ひとりなのは自由であって、淋しいことではないわ Vol.3 モニカ カスティリオーニさん

大人になったら、着たい服
2018.12.10

髪を切ってからは、

ドレスアップも

悪くないと思うように

Vol.2から続きます

エレガントすぎるのは自分らしくないと言い切る。

「メイクはレッドの口紅のみで他は何もつけない。そして、リングが私のおしゃれの主役よ」

ジュエリーを主役にするというのは、デザイナーのモニカらしい発想だなと思わず納得してしまう。そう考えると、シンプルなブラックのワンピースはジュエリーの最高の引き立て役だし、リュックで両手を自由にすれば、指にも表情ができる。

GION Studio 1133 Broadway #1012 New York NY 10010 USA e-mail: info@gionstudio.com

(c)GION Studio

今回の撮影の最後にモニカが選んだのは、ヴィンテージのグリーンの柄のワンピースと、エレガントなデザインのヒールの組み合わせだった。

「ずっと憧れていたタンゴを習ったのよ。このヒールはそのときに買ったもの。ワンピースは何年も前にイタリアで見つけて大事にしているの」

最近、モニカはトレードマークの長い髪をショートボブにして、まわりをびっくりさせた。

GION Studio 1133 Broadway #1012 New York NY 10010 USA e-mail: info@gionstudio.com

(c)GION Studio

「髪を切ったら、ルックスが快活になって、エレガントな靴も、ドレスアップも、悪くないと思うようになったのよ」

タンゴは続けないの? と聞くと「今も好きだけど、経験だけで十分。この先もずっとセクシーでいたいと思えたのが一番の収穫よ」

モニカと話していると『自分に正直な女性は年齢に関係なく美しい』という言葉がいつも思い浮かんでくる。

 

もっと詳しい内容は、ただいま発売中の

『大人になったら、着たい服 '18-'19秋冬』 でご紹介しています。

ご覧になってみてくださいね。

Amazon

楽天ブックス

 

撮影:GION 取材・文:上野朝子

Profile

モニカ カスティリオーニ

Monica Castiglioni

イタリア・ミラノ生まれ。ニューヨークとミラノを拠点に活躍するジュエリーデザイナー。18歳でジュエリーデザインの道へ。キャリア38年。ブロンズ素材にこだわるモニカのジュエリーはモダンでエレガント。アートピースとしても評価が高く、日本にもファンが多い。

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ