「カリモク60」“Kチェア”を組み立ててみました!

今日のひとしな
2018.12.11

~DAILIES(デイリーズ)より vol.11~

こんにちは。「デイリーズ」店長の猪岡です。

「デイリーズ」は「カリモク60」の正規販売店です。高度経済成長の真っただ中の1960年代に登場した、日本が作る洋風家具の走りでもあった「カリモク」の家具。当時からほぼ変わることなく、現代に至るまで生産と販売を続けた商品に、復刻版と一部の新商品を加え、再編集されたものがこの「カリモク60」 シリーズです。

web-kiji0018
その「カリモク60」の中でもダントツで人気のあるのが“Kチェア”。無駄のないミニマルなデザインで、まさに日本サイズのコンパクトソファです。

構造はとても単純な組み立て製品です。今回は女性でも出来る、“Kチェア”の組み立て方法を詳しくご紹介します!

1. パーツの確認

web-kiji0019
全てのパーツを並べましょう。まずは部品のチェックから。

web-kiji0020
付属の部品がこちら。プラスドライバーだけご自身で用意してください。


2. パーツの確認

シートと背もたれのジョイントです。

web-kiji0021
「シート」と「背もたれ」を重ね合わせて、付属の六角ナットで組み上げます。

web-kiji0001
六角ナットは指でクルクル回ります。ここは仮止めまで。抜け落ちない程度でOKです!


3. パーツの確認

パーツを立てて、アームの取り付けをします。

web-kiji0002
まずは片側から。

web-kiji0003
ねじ止めは全部で3か所。

web-kiji0004
背もたれ側から留めていくとスムーズです。

web-kiji0005
web-kiji0006
この段階で 「前桟」 も付けていきます。ナットの向きにご注意を!


4. 反対側のアームの取り付け

web-kiji0007
web-kiji0008
まずは指でクルクル。

web-kiji0009
ここも仮止めで。

web-kiji0010
位置が高そうですね……気を付けて! 背が低めの方は踏み台などを用意するといいかもしれません。


5.  ネジの仮止めを本締めへ

web-kiji0011
いよいよネジの本締め! 左右それぞれ3カ所ずつ、しっかり締めましょう!

web-kiji0012
ここまでで、所要時間は13分程度。

web-kiji0013
六角ナットも本締め。

web-kiji0014
付属のスパナでグイグイ回します。

web-kiji0015
ただし、この部分は締めすぎには注意!


6. 最後にガタつきをチェック

web-kiji0016
「うん、大丈夫!」


7. 完成!

web-eye0006
組み立て開始からわずか15分で完成! 丁寧な説明書が付いているので、少し不安な方も大丈夫です。


【スタッフコメント】

「部品も少なく、分かりやすかったです。あっという間にできてとても簡単でした! 女性でも無理なく簡単に組み立てができます!」

自分で組み立てると、よりいっそう愛着が湧きますよね。また、組み立て家具はパーツ交換ができるというメリットもあります。例えばシートのへたり具合が気になった時、予期せぬアクシデントで破損してしまった時……。必要なパーツをお取り寄せすれば、自宅で簡単に交換できますよ。

約60年にわたり愛され続けている“Kチェア”、ぜひ店頭でも座り心地をお試しください。

 

2シーター スタンダードブラック:55,500円(税抜き)

※その他サイズ違い・張地違いもございます。

 

←お店の紹介はこちらから

デイリーズ

東京都三鷹市下連雀4-15-33 2F
TEL:0422-40-6766
営業時間:11:00~22:00
定休日:無休(年末年始を除く)
https://www.dailies.tokyo.jp
オンラインショップ https://www.dailies.tokyo.jp/online-shop

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ