内田彩仍さんコーデ【前編】「Manna」のコートで迎える冬の始まり

ナチュリラ
2018.12.19

「ナチュリラ」冬号で、真っ白なコート姿を披露してくださっている内田彩仍さん。こちら、長年、内田さんが信頼を置いているブランド「Manna(マンナ)」のものなのですが、上質さと着心地を兼ね備えた、本当に素敵なコートなのです。今回は、誌面ではご紹介しきれなかった後ろ姿やディテールなどをお届けしますね。

_MG_1090
コクーンコート¥73,000、ニットベスト¥23,000、中に着たニット(参考商品)、プリーツスカート¥26,000/すべてマンナ その他/私物

01
襟元に寄ってみました。大きな襟とボタンが印象的ですね。ほどよく襟ぐりを開け、幅広の襟でも首元が詰まって見えないよう計算してデザインされています。

_MG_1168
後ろには、ループ状の幅広ベルトが。バックスタイルではここに視線がいくので、脚長効果も期待できそう。さらにベルトがコートの広がりを抑えてくれて、ボリュームのあるシルエットなのに、すっきり見えます。「ボタンを開けて着ても、ベルトの重みで前のラインがきれいに見えるんです」

_MG_1150
そして、気になるコートの中の着こなしはこちら。チャコールグレーのニットベストとプリーツスカートというスクールガールのような組み合わせですが、内田さんはシックな大人の雰囲気で着こなしていますねー。その秘密はなんでしょう?

「色数を抑えて、落ち着いた印象になるように意識しています。ベストもスカートも、ほどよいロング丈。ウエストが自然に隠れるくらいの丈のベストはお腹まわりが隠れるからか、着ていて安心感があるし、見た目もすっきり見える気がします。また、袖まわりがごわつかないので、コートスタイルにも重宝しそうです。大きめの白いボタンで縦のラインが強調されて、重たくみえないのもいいですね」

プリーツスカートも上質なウール素材。ほどよい重みによってできるストンとしたシルエットが、子供っぽく見えない理由です。「これからのシーズンはニットとコーディネートすると素敵だと思いますが、春秋もシンプルなTシャツなどと組み合わせたら、よりカジュアルに着られそうですね。スリーシーズン活躍してくれるスカートに出会えてうれしいです」

_MG_1121
さてさて、このコートには色違いの黒もあるとのことで、試しに内田さんにも着てみていただきました。前ボタンを留めて着ると、コクーンシルエットがより際立って美しいですねー。冠婚葬祭での着こなしにも重宝しそう。

_MG_1188
黒のバックスタイルはこんな感じ。「なんとなく、昔の映画に出てくるジバンシーの服のような雰囲気を持っているなと感じます。普段の着こなしで活躍してくれるのはもちろん、思い切りおめかしして出かけたいときにも、こういうコートを一着持っていると安心できそうです」

_MG_1198
コートを脱ぎ着する際にチラリと見えるのは、うっとりするような色合いのシャンパンゴールド。こういう目立たないところにこだわりが隠れているところが、大人のおしゃれっていう感じがしますよね。

_MG_1122
ゆったりしたドロップショルダーなので腕が動かしやすく、肩がこりにくいのもいいところ。こんな素敵なコートで、年の始まりを迎えられたら気分もあがりそうですね!


photo:大森今日子


後編へ続きます

→その他の内田彩仍さんの記事はこちらから

Profile

内田彩仍

Ayano Uchida

福岡県在住。夫と愛猫・クリムと暮らす。ていねいな暮らしぶりや素敵な着こなしが注目を集める。主な著書に『季節の暮らしと服支度』がある。10月11日には新刊『いとおしむ暮らし』(ともに主婦と生活社刊)が発売される予定。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ