Aラインのトレンチコートで春を待つ

おしゃれさんコーディネート
2019.01.06

福岡「GOUACHE FUKUOKA」vol.1 冬の着こなし


はじめまして。「ガッシュ福岡」です。その名の通り、福岡にあります。今年一年間、1、4、7、10月の週末連載「おしゃれさんコーディネート」を担当させていただくことに。有難いことです。どうぞよろしくおねがいします。

s-1901-1-01
さて、「ガッシュ」には、日々の暮らしの中で、気持ちよく私たちを支えてくれる生活雑貨や植物、心地よく感じられる服や小物が並んでいます。どれも自分たちの生活に欠かすことのできないものばかりです。

「これは高価だから良い、安価だからダメ」といった観点で選んでいるわけでも、ましてや流行りかどうかを考えて選んでいるわけでもありません。そうなると自ずと、永く付き合っていけるもの、何かといえばそればかりを使ってしまうようなものが多くなっていると思います。

今回は、そんなアイテムの中のひとつ、「UNIVERSAL TISSU(ユニヴァーサルティシュ)」の定番でもあるトレンチコートを使ったコーディネートをご紹介します。

シーンを問わず着回せるベーシックなアウターと言えば、真っ先に浮かぶのがトレンチコート。日常のスタイリングから出勤時、おまけにパーティなどのお呼ばれ時まで幅広く活躍するとなれば言うことはありません。ただひとつ気掛かりなのが、カッチリしすぎたデザインだと、カジュアルに使いづらかったり、細身で動きにくかったりするものが多いこと。どんなシーンにも着まわせる柔軟性が大事になってくると思います。

s-1901-1-02
こちらのトレンチは、ウエストでシェイプしない、ほどよいオーバーサイズのAラインコート。着心地がよく、どんな着こなしにもしっくりくるシルエットです。

s-1901-1-05
コートの下には、ニットとはひと味違った「NO CONTROL AIR(ノーコントロールエアー)」のロングカーディガンをあわせました。このカーディガンは、ポリエステルダンボールニットという、2枚の生地をつなぎ合わせた段ボールのような断面構造をもち、生地と生地の間にできる空気層に体温の温もりを蓄える、やわらかく軽い素材感が特徴。コートのインナーに使用する際もストレスを感じさせない着心地の良さがあります。また屋内でアウターを脱いだ時も、ほどよいゆとりを持たせた身幅とすっきりとしたネックデザインで、安心感があるんです。

s-1901-1-06
ボトムスに選んだのは、同じく「NO CONTROL AIR」のラップパンツ。無駄のないシンプルなデザインと素材へのこだわり、着心地の良さを実感できる一枚です。重くなりがちな冬の着こなしを解消するために、ウエストインは特に有効な手立て。そんな時に、腰回りのやぼったさを解消してくれるラップパンツは、ワードローブに加えておきたいアイテムのひとつです。

s-1901-1-07
帽子は「mature ha.(マチュアーハ)」のフリーハット。無駄な装飾を省いたシンプルなデザインは自由度が高く、形を変えて、複数のかぶり方ができるのが特徴です。帽子をかぶるのが苦手な方にもトライしていただきやすく、おすすめです。

s-1901-1-08
色もいろいろ選べて、気軽に取り入れられるデザインなので、帽子をかぶるというよりは、コーディネートに色付けをするといった感覚で使ってみても良いように思います。

s-1901-1-09
s-1901-1-10
バッグは「style craft(スタイルクラフト)」のトートバッグ。ブランドの代表作でもある、がま口式で開くタイプのものです。デザインはもちろんのこと、使いやすさにも優れたバッグ。素材はゴート(山羊)レザー。繊維の密度が非常に高く、しなやかなで柔らかい特徴を持ちつつも弾力性があり、頑丈な革とされています。レザーアイテムは長く使えば使うほど、その表情や味わいも深まりますので、どんなシーンにも馴染むデザインを選ぶのも大切な要素のひとつです。

s-1901-1-12
靴は「R.U. (アールユー)」のクラシカルなレースアップシューズ「Anon(アノン)」。上質なカーフレザーを使用したプレーントゥーシューズです。

s-1901-1-11
撮影で使用したこのシューズは、スタッフの私物。なんといっても革靴の良さは、自分の足に馴染んでゆく履き心地と革の味わい深さ。トレンチなど伝統的なアイテムを使用した着こなしの際には、革靴の味わい深さも楽しんで欲しいと思います。

s-1901-1-03
ちなみにこちらは、同じトレンチコートを使って、冒頭のコーディネートと色違いのボーダー、パンツ、バッグ、靴を合わせてみたもの。色を変えるだけで、大人っぽいシックな印象になりますね。

s-1901-1-04
着用するとこのような感じに。このトレンチコートは軽い一枚仕立てなので、春先までロングユースできるのが嬉しいところ。春になれば、インナーに軽やかなボーダーを合わせてフレンチテイストでまとめるのもおすすめです。また、撥水加工が施されているので、雨の日のお出掛けにも最適ですよ。

 

トレンチコート:UNIVERSAL TISSU(ユニヴァーサルティシュ)¥27,000+tax
ダンボールニットロングカーディガン:NO CONTROL AIR(ノーコントロールエアー)¥23,000+tax
ボーダーカットソー:GOUACHE(ガッシュ)¥5,500+tax
ラップパンツ:NO CONTROL AIR(ノーコントロールエアー)¥21,500+tax
フリーハット:mature ha.(マチュアーハ)¥16,500+tax
トートバッグ:style craft(スタイルクラフト)¥65,000+tax
レースアップシューズ:R.U.(アールユー)¥46,000+tax

GOUACHE FUKUOKA(ガッシュ福岡)

福岡市中央区今泉1-19-8
TEL:092-791-7555
営業時間:11:00~20:00 
定休日:無休
http://gouachefukuoka.com
オンラインショップ https://gouachefukuoka.stores.jp
Instagram「@gouache_fukuoka

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ