【“10年選手”の冬のもの】本瀬久美子さん vol.2

ナチュリラ
2019.01.31

←vol.1から続きます


実際、この冬活躍している「ビームス」のダッフルコートも、15年くらい前に購入したものの、「着丈のバランスが今っぽくないなと思って……」という理由で、数年出番がなく寝かせていた期間があったそう。

_S6A9727
「ビームス」のダッフルコート
昨年からスタメンに復帰したダッフルコートは、英国製でしっかりとした仕立て。
「今また、この長め丈が気分です」


スタンダードなアイテムでも、ファッションの流れに合ったものをチョイスする姿勢は、さすがです。

_S6A9733
「リーバイス」のジーンズ
デニムは唯一、"寝かせて、また復活"というケースがなく、シルエットが古くさいと感じたらアップデートするアイテム。
「10年選手は『リーバイス』のこの1本だけ。太めのストレートで、少しヴィンテージっぽい造りがお気に入りです」


「年齢を重ねるごとに、よい素材、よい仕立ての見極めができるようになったのも、これだけ10年選手が増えた理由ですね。長年クロゼットに残っているものは、結果的にすべて、しっかりとした造りと素材のものばかりです」

_S6A9741
「J&M デヴィッドソン」のボストンバッグ
「いつか欲しい」と思っていて、10年前に念願叶ったという「J&M デヴィッドソン」のボストンバッグ。

 

「ナチュリラ」vol.44より
photo:花田 梢 text:坂本祥子

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ