ヴィンテージの服をひとつプラスして春のお出かけ

おしゃれさんコーディネート
2019.03.08

熊本「Ecru et pousse(エクリュ エ プゥス)」vol.23


おはようございます。熊本「Ecru et pousse」の松村由紀です。「おしゃれさんコーディネート」5日目。毎日更新の特集も、最終日になってしまいました。

1週間って、あっと言う間ですね。何だか寂しいですが、最終日の今日は、古着のコートをプラスしたコーディネートをご紹介しますね。

2-1
手に持ったヴィンテージのコートは、岡山のギャラリーショップ「antonym」で出会ったお気に入り。

デニムには、茶色の細ベルトを合わせるのが好き。白シャツをインして“春待ちコーデ”。レトロな形とカラーのクラッチバッグが、デニムとぴったりです。

2-2
足元はバレエシューズに白い靴下が定番。スニーカーが似合うようになりたいなぁ。

2-3
メンズライクなファッションの時の髪は、ダウンスタイルでバランスをとるのが良さそう。

2-4
コートを羽織って外に出てみると、小雨が降っていました。白シャツとデニムのシンプルな着こなしに、ヴィンテージのコートがこなれた雰囲気をプラスしてくれます。

雨が上がると、春はすぐそこ。そんな穏やかな空気をまとってオシャレを楽しみたいですね。

2-10
そして、同じコートを選んだ別のある日。スカートの裾がコートからのぞく、ちょっとしたダサさを楽しんで。この日もヴィンテージのバッグを合わせ、出掛けた先はレトロな喫茶室でした。熊本最古級の書店「長崎次郎書店」2階、穏やかな時間が流れています。

2-5
コートの中は、白ブラウスとギャザースカート。髪はすっきりとしたスタイルで、ブラウスのフリル襟を邪魔しないように。長めのスカートは、ネイビー×ブラックのチェック柄でレトロ感が漂います。

2-6
靴は上品なヒールでクラシックな感じで揃えても良さそうだけれど、今日は外して「Loake(ローク)」をチョイス。イギリスの伝統的なタッセルローファーと白い靴下が、足元を引き締めてくれます。

2-7
窓際にゆっくり座り、本を読んだり外を眺めたり。しっとり雨の日の特別な時間。

2-8
白いブラウスも、襟のデザインでがらりと雰囲気が変わりますよね。こんな落ち着いた場所に行く日は、清楚なイメージでコーディネート。

2-9
ぜんざいと塩昆布。甘さも丁度よく、美味しくて幸せ~~。そろそろ雨は止んだかな。


5日間連続の更新を楽しみにしてくださった皆さま、ありがとうございました。皆さんと共有したいものが多く、何を着るか選ぶ作業が大変でした(笑)。皆さんはどんなものを見たいと思っているのかな~、3月の気温はどんなかなぁ~。そんなことを考えながらコーディネートを考えるのは、とても楽しかったです。

また5日分の撮影は、カメラマンの穴見春樹さんに、あちらこちらと熊本の素敵なロケ地へ案内してもらえて、楽しくこなすことができました。撮影のアシスタントをしてくれた舞さんにも、感謝の気持ちでいっぱいです。

熊本には沢山のステキな場所があり、空気も緑も綺麗で、水も美味しい。是非、春のお出掛けに足を運んでくださいね。

次は11月にお会いしましょう~。


撮影:atelier graine 穴見春樹


←その他の「エクリュ エ プゥス」の着こなしはこちらから

Ecru et pousse(エクリュ エ プゥス)

熊本市北区打越町40-61
TEL/FAX:096-288-3321
営業時間:11:00~17:00
定休日:日曜、水曜 (他、不定休)
http://www.ecru-et-pousse.com
Instagram「@ecru_et_pousse

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ