リネンのはおりなら、寒暖差も上手に乗り切れる「リゼッタ」二子玉川店 スタッフ・藤江ひろみさん

ナチュリラ
2019.03.27


まだまだ朝晩の寒暖差が残る不安定な気候から、汗ばむほどの強い日差しで、初夏の気配を感じさせる陽気まで、意外と着るものでの温度調整を必要とされる春。

01
「この時季は、薄手のリネン素材のはおりをワードローブに備えておきますね。重ね着がしやすいので、肌寒いときには長袖のカットソーやコットンニット、暖かくなったら半袖やノースリーブと、中に着るもので自在に調節できます」

02
トップス、ボトム、はおり、スニーカーと白で揃えたカジュアルスタイル。Tシャツの襟ぐり、ソックス、バッグと、要所要所に少しずつ黒を差すことで、白ののワントーンがぼやけず引き締まる。

03
透け感のあるコットンワンピースの下に、黒いキャミソールワンピースを重ねて、ほんのり浮き出る色をポイントに。レザーバッグとワンストラップシューズで女性らしいお出かけスタイルに。

 

「ナチュリラvol.45」より
photo:和田真典 text:坂本祥子


→その他の「ナチュリラ」の記事はこちらから

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ