1着で4通りの着方ができる不思議なワンピース

おしゃれさんコーディネート
2019.04.28

福岡「GOUACHE FUKUOKA」vol.8 春の着こなし


こんにちは、「ガッシュ福岡」です。ファッションにはシーズンに応じてピタっとくるアイテムがありますが、今週は春夏にぴったりな、さらりとしたリネン素材のワンピースをご紹介します。

kuraosya_04_02-001
去年から大人気の「THE FACTORY」のリボンワンピース。実は、1着で様々な着こなしが楽しめてしまう優秀なワンピースです。こちらは、ジャンパースカートのようなスタイリングにしたものです。

kuraosya_04_02-002
さて、どうやって着こなしをアレンジするのかと言いますと、リボンの肩紐の長さを調節することでその表情が変わるというもの。至ってシンプルな理屈なのですが、侮るなかれ。これが実にかわいいのです。

kuraosya_04_02-003
贅沢に使われた生地は、かなりのボリューム感があるのにほとんど重量感を感じさせません。適度な薄さのリネン生地は、真夏でも涼しく軽やかに着ることができます。

kuraosya_04_02-004
こちらは肩紐を短くして、キャミワンピのような可愛らしいAラインシルエットで着用したもの。着丈が少し短くなりますので、レギンスやサンダルをポイントにしたい時にもおすすめですし、リゾートではサンドレスとしてもピッタリです。

kuraosya_04_02-005
インナーにも同ブランドのタックブラウスを使っています。適度なボリューム感とワンピースに見劣りしない存在感のバランスが良い組み合わせです。

kuraosya_04_02-006
また、こちらはガラリと雰囲気を変えて、ワンショルダーで大人っぽくアレンジしたもの。旅先でのディナーなどで少しドレスアップしたい時には、大胆に肩を出してみては。肩にショールなどを軽く掛けておけば、さほど気負わずに着こなしていただけます。

kuraosya_04_02-007
最後の着こなしは、マキシスカートとして、です。肩紐だったリボンをウエストで結び、ワンピースのボリューム感をそのままにスカートにしますので、とても贅沢なフレアをお楽しみいただけます。

kuraosya_04_02-008
身長的に着丈が気になる場合には、ハイウエストにしてみてください。どこか懐かしいクラシカルな雰囲気になります。

kuraosya_04_02-009
またコーディネートに華を添える雑貨も楽しくなる季節です。

kuraosya_04_02-010
小ぶりで使い勝手の良いかごバッグ。

kuraosya_04_02-011
山ぶどうで丁寧に編まれた、長くお使いいただけるバッグです。

kuraosya_04_02-012
帽子はやっぱり「マチュアーハ」。ぺたんこにして箱に入れられるから、ボックスハットという名前がついています。

kuraosya_04_02-013
だんだん日差しが強くなってくる季節の相棒です。


「ガッシュ福岡」からお届けした「おしゃれさんコーディネート」、いかがでしたでしょうか? 次回は7月、夏の着こなしをご紹介する予定ですのでお楽しみに!

 

リボンワンピース:THE FACTORY(ザ ファクトリー)¥22,800+tax
山ぶどうかごバッグ:かごや ¥22,500~+tax
ボックスハット:mature ha.(マチュアーハ)¥18,500+tax

 

←その他の「GOUACHE FUKUOKA」の記事はこちらから

←その他の「おしゃれさんコーディネート」の記事はこちらから

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ