夏のワントーンは、ほんのりフェミニンに

おしゃれさんコーディネート
2019.07.28

福岡「GOUACHE FUKUOKA」vol.12 夏の着こなし


こんにちは、「ガッシュ福岡」です。今週はワントーン、多くてもツートーンのコーディネートを作ってみることにします。何故かと言いますと、答えは単純。夏は薄着になるからです。秋冬ほどレイヤードができないぶん、夏のおしゃれはシンプル傾向にあります。

gouache_1907_4_01
その上、ガッシュは「白黒」が好きなこともあり、ラインナップをラックに並べるとオセロのような並びになってきます。この色合いだけを見ると華やかさに欠ける気もしますが、実はそうでもありません。

gouache_1907_4_02
こちらは「g(グラム)」の羽織とワンピースを組み合わせたもの。夏はつい、ギャザーやドレープが贅沢に表現された、少しボリュームのあるアイテムを選んでしまいます。白や黒のシンプルカラーでも、コーディネートしやすいからです。

gouache_1907_4_03
羽織には透け感のある素材を選ぶことで、レイヤード感を軽くすることができます。

gouache_1907_4_04
中のワンピースも、ほどよいボリューム感。肌の露出やボディラインを気にすることもなく、これだけでコーディネートが完成する一枚です。

gouache_1907_4_05
こちらは色違いのホワイト。これだけゆったりサイズであれば、透け感も気にならず安心です。

gouache_1907_4_06
今季のトレンドでもあるホワイトのワンピースですが、いつの時代も白い服は清潔感があり素敵です。

**********************************

gouache_1907_4_07
さて、こちらも同ブランド「g」の2WAYスカート。定番のボーダーTシャツと合わせています。

gouache_1907_4_08
サスペンダーの有無で、随分と印象が変わるもので、サスペンダーがボーダーの規則性を良い意味で崩し、それが良いアクセントになっています。

gouache_1907_4_09
ちなみにサスペンダーをしない時は、サスペンダーは下に垂らしたまま。斜め掛けのバッグを合わせるなら、無地のTシャツのほうがきれいにまとまります。

gouache_1907_4_10
贅沢に生地を使ったデザインですが、落ち感もありおさまりが良いので、腰周りの広がりも落ち着いています。

gouache_1907_4_11

**********************************


ここまでオセロのようなモノトーンコーデをご紹介してきましたが、ポイントはちょっとした「フェミニン」さを加えること。シンプルな配色だからこそ、華やかさが大事になってくるのです。

gouache_1907_4_12
例えばこのTシャツは「ダリア」のリメイクシリーズなのですが、Tシャツそのものはどこにでもある普通のもの。そこに切りっぱなしのフリルが大量につけられている。ちょっとしたフェミニンさがシンプルな夏に彩を添えます。

gouache_1907_4_13
フリルと聞くと二の足踏んでしまいがちですが、重ね着の少ないシーズンには、ほど良いアクセントになります。

gouache_1907_4_14
ホワイトTシャツは、ワイドパンツやデニムなどとも相性が良い大定番アイテムです。

gouache_1907_4_15
黒Tでモード感が出過ぎると感じる場合には、チノパン、ミリタリー、ワークパンツなどカジュアルなボトムを合わせるのがおすすめ。

gouache_1907_4_16
シックになりすぎない配色は、晩夏や初秋にもおすすめ。Tシャツの上にジャケットを羽織っても素敵です。

gouache_1907_4_17
クローゼットであまり見かけないベージュのTシャツ。何の装飾もないベージュはちょっとハードルが高いのですが、レースのフェミニンさが加わるだけで印象も華やかに。

gouache_1907_4_18
今回は黒のワイドパンツで合わせていますが、濃いベージュにはライトデニムやホワイトのボトムもよく映えます。

gouache_1907_4_19
そして最後は「bench(ベンチ)」のサンダル“ベンサン”。「奈良の良品を世界の良品に」をコンセプトに、ハイセンスなデザインを打ち出している大注目のブランド。どんな洋服にもしっくり来てしまうのが本当に驚きです。

gouache_1907_4_20

「ガッシュ福岡」の「おしゃれさんコーディネート」は、この回でいったんお休みです。1年を通して季節ごとに記事を書いてみると、冬や春よりも、今回の「夏」が正直、一番難しかった(笑)。薄着なので、コーディネートに変化をつけにくいですしね。それでも、工夫次第で夏の素敵なおしゃれは可能です。ここ近年の暑さは、本当に過酷。それでもやはり四季のある土地のファッションは楽しい。みなさんも、暑さに負けず、快適かつウキウキする夏のおしゃれを楽しんでくださいね。

シースルーの羽織:g(グラム)¥22,000+tax
ワンピース:g(グラム)¥22,000+tax
サスペンダー付きスカート:g(グラム)¥25,000+tax
ボーダーのTシャツ:GOUACHE(ガッシュ)¥6,000+tax
リメイクTシャツ:dahl'ia(ダリア)¥8,500+tax
サーカスパンツ:HARVESTY(ハーベスティ)¥15,800+tax
サンダル:bench(ベンチ)¥5,800+tax~


model:shima

←その他の「GOUACHE FUKUOKA」の記事はこちらから

←その他の「おしゃれさんコーディネート」の記事はこちらから

GOUACHE FUKUOKA(ガッシュ福岡)

福岡市中央区今泉1-19-8
TEL:092-791-7555
営業時間:11:00~20:00 
定休日:無休
http://gouachefukuoka.com
オンラインショップ https://gouachefukuoka.stores.jp
Instagram「@gouache_fukuoka

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ