香菜子さんの夏コーデ「アイテムをひとつかえるだけで…」

ナチュリラ
2019.08.13

この3パターンのコーディネート、左右で印象がガラリと違っているけれど、実は、トップスかボトム、どちらかひとつをチェンジしただけ。靴やバッグも、同じです。ベーシック服が中心の着まわしでも、素材感やシルエットに変化をつけたり個性派アイテムをプラスしたりすればいろいろなバリエーションを楽しめそう!

4
黒×ネイビーの着こなしは、ボトムをかえるだけでフェミニンにもクールにも。軽くやわらかな雰囲気にしたいときはフレアスカートを。キリッとした感じに仕上げたいなら、すっきりラインのワイドデニムを合わせます。以前ならサンダルを選んでいたけれど、大人の着こなしを楽しみたいこの夏は、「ファビオ ルスコーニ」のボルドーのパンプスを取り入れてみました。

5
ボトム次第でさまざまな着こなしが楽しめるノースリーブを着まわし。「上はコンパクト&下にボリューム」の法則でワイドパンツやマキシ丈スカートを合わせると、簡単にベストなバランスになります。裾に向かってゆるやかにテーパードしたパンツなら、イマドキのシュッとした佇まい。足元はあえてゴツめにしてはずしました。

6
ブラウンのセンタープレスパンツは、ラフになりがちな夏コーデを、大人っぽく仕上げてくれるお役立ちボトムです。Tシャツ&サンダル&布バッグというカジュアルアイテムを合わせても、きちんと大人の雰囲気に。さらに、モノトーンのパッチワークが印象的なリネントップスを持ってきても、落ち着いた仕上がりになります。


「ナチュリラ vol.46」より
photo:加藤新作 text:福山雅美

←その他の香菜子さんの記事はこちらから

←その他の「ナチュリラ」の記事はこちらから

Profile

香菜子

kanako

モデル・イラストレーターとして活躍する傍ら、ホテル備品をイメージしたプロダクトブランド「ホテル ヴィルヘルムス」を主宰している。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ