「デミ」と「ラテ」という名の大人ボーダー2種

おしゃれさんコーディネート
2019.08.19

~「madrigal(マドリガル)」秋の着こなし~


お盆あけのこの時季、だんだん日も長くなってきて、まだ暑いとはいえ秋物が気になってくる季節ですよね。そこで今週は、大阪のセレクトショップ「マドリガル」から5日間連続で「おしゃれさんコーディネート」をお届け! いまのうちに手に入れておきたい秋アイテムをご紹介いただきます。1日目のテーマは、ボーダーです。


・・・・・・

ボーダーのカットソーと言えば、「定番でみんなもっている」なんてよく雑誌に書いていますが、私はこれまで一着も持っていませんでした。チャレンジはするものの、どうもしっくりこなかったのです。

着てみても、どうも似合わないマリン感……。デニムやチノパンと合わせると、どこまでもカジュアルでお出かけ気分にならない……。

no4
だけど、「これだったら」って思えるボーダーカットソーに出会いました。「これだったら」のわけは……

no1
濃いネイビーのボーダーライン。深いシックな色だから、イメージがカジュアルに偏りません。

no2
少し落ちた袖付け、広めの身幅、前と後ろで違う着丈……。こだわりのある形に作られているから、着るだけでいい空気感に。

no3
サイズが2つあって、気分次第でそれぞれの着こなしを楽しめます。コンパクトサイズ(デミ)を選んだり、あえて大きめ(ラテ)を楽しんだり。

ボーダーカットソー「デミ」¥19,000 / Ataraxia

ボーダーカットソー「ラテ」¥19,000 / Ataraxia

 

no5
軽いワンピースの上に、すっぽり「デミ」を重ねて。シンプルな組み合わせだと、ボーダーが引き立ちます。レザーとカゴのバッグでアクセントをつけて。

no6
淡水パールやシルバーのアクセサリーも似合います。

中に着たワンピース(rajasthani dress) ¥48,000 / dosa

重ねたラッフルスカート(ruffule skirt) ¥47,500 / dosa

ワンストラップシューズ ¥30,000 / eb.a.gos

 

こんなふうに、シンプルな着こなしはもちろん、今あるワードローブとも合わせやすく、きれいめスタイルを着崩すのにも役立ったり。着ているイメージがたくさんわいたから、「これだったら」って思えたボーダーのカットソー「デミ」と「ラテ」。

no7
no8
こちらも「デミ」。ちょっぴりドレッシーなシルクのパンツと、艶感のあるミニバッグを合わせて。

シルクのパンツ ¥48,000 / support surface

ミニバッグ ¥67,000 / eb.a.gos

バッグに巻いたスカーフ ¥21,000 / eb.a.gos

シューズ ¥69,000 / ATELIER INSCRIRE

 

no10
こちらは「ラテ」。「デミ」より袖が長くて、袖口も広め。身幅もゆったりして着丈もあるから、すっきりシルエットのボトムと好相性。「ラテ」のサイズ感は男性にもおすすめなので、男女兼用でご愛用いただいてもいいですね。

no11
no9
レザーベルトをキュッとしめて、前と後ろのバランスの違いも楽しんでみてくださいね。

カジュアルなイメージだけじゃなく、デザインの効いた大人っぽい服や小物にも合わせられるから、コーディネートの幅が広がって嬉しい。素材も、通年気持ちよく着られるコットンなので、一年中季節に合ったコーディネートで着回せます。

サイズ違いで揃えたい、大人ボーダー「デミ」と「ラテ」。ぜひお試しください。

パンツ(リピートパンツ・サマータイム) ¥32,000 / support surface

ベルト ¥18,000 / support surface

 

←その他の「マドリガル」「ステンカラー」の記事はこちらから

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ