秋の始まりにぴったりな、すっきり見えワンピース

おしゃれさんコーディネート
2019.08.27

【夏の終わりと秋の始まりのおしゃれ②】

8月のおしゃれさんコーディネートを担当させていただく、島根県松江市でセレクトショップ「Daja」を営む板倉直子です。
8月26日(月)から30日(金)まで5日間連続でお伝えいたします。

今日は「ミシェルボードアン」の馬布で作られたスタンドカラーワンピースをご紹介します。

 

s-01
シンプルなアイテムを組み合わせて着こなしを楽しむことも私の好きなスタイルの一つですが、一枚でサラリと着られるワンピースの良さに改めて惹かれています。
スタンドカラーですっきりとしたシルエット、着丈も程よい長さでお仕事にも着て行けそうです。

 

s-02

 

s-03

 

s-04
薄手ながら密度が高く、強度のあるコットン生地の「馬布」で作られているワンピース。
昔、馬に乗る時に鞍が滑らないよう鞍の下に敷いていたことから「馬布(バフ)」と言われている生地。
洗うたびに風合いが増していくのも、この素材ならではです。
秋の始まりの気分にぴったりな、キャメル色のワンピース。

 

s-05

 

s-06
色違いのキナリ色のエクリュも優しい雰囲気で、秋の訪れを感じさせてくれます。
リボンベルトをベルトループに一巻きくぐらせ、すっきりと着てみました。

 

s-07

 

s-08

 

s-09
真っ白ではないニュアンスのあるエクリュの色味を纏うと、自然と表情も和らぎます。
ウエストのサイドでリボンベルトを片リボン結びにし、アレンジしてみました。
リボンの結び方や位置を変えるだけで、着こなしに変化がつきます。

 

s-10

 

s-11
前開きタイプのシャツワンピースはトラディショナルでキチンとしたイメージ。
前を開けてコートのように羽織って着る事もできます。
本格的な秋になったらインにタートルを合わせようかな、それとも黒のショップコートを羽織ろうかな、と楽しい妄想が膨らみます。

 

明日はジャケットをご紹介する予定です。
どうぞお楽しみに!

・・・

馬布スタンドカラーワンピース
「michel beaudouin」
¥22,000+tax

タイツ、靴:私物

 

←その他の「Daja(ダジャ)」板倉直子さんの着こなしはこちらから

 

 

Daja(ダジャ)

島根県松江市学園南2-12-5 HOYOパークサイドビル1F
TEL:0852-24-0112
営業時間:11:00~19:00
定休日:火曜日
http://allo-daja.com

 

Profile

板倉直子

Naoko Itakura

島根県松江市のセレクトショップ「Daja」ディレクター。トラディショナルをベースに自分らしい着こなしを提案している。4月19日(金)に新しい著書『頑張らないおしゃれ』(主婦と生活社)が発売予定。この連載では、2月、4月、8月、10月に1週間特集として登場予定。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ