女性の動きを美しく見せるサーキュラースカート

おしゃれさんコーディネート
2019.10.16

【秋から冬へのバトン③】

10月のおしゃれさんコーディネートを担当させていただく、島根県松江市でセレクトショップ「Daja」を営む板倉直子です。
今週は10月14日(月)から18日(金)まで5日間連続でお伝えしています。

【秋から冬へのバトン】3回目は女性らしい雰囲気の漂う、サーキュラー ラップスカートをご紹介します。

 

s-01
凛とした女性らしさが漂うクラシカルなボートネックカットソーと、美しいラインを描くサーキュラーラップスカート。
普段はメンズライクな装いが好きなのですが、秋には少しシックなスタイルも気になります。


s-02


s-03


s-04
サーキュラースカートはウエスト周りにギャザーが無いので、静止しているとシルエットがスッキリと見えます。
そして、動くと裾がお皿のように丸く綺麗に広がります。


s-05
スカートに合わせたのはウールジャージー素材のボートネックカットソー。
ジャージー素材のカットソーは体のラインを拾い過ぎず、綺麗に着ることができます。
コンパクトに着て、スカートとのボリュームの対比を楽しんでも。
鋭角なボートネックのデザインは顔周りをスッキリと見せてくれ、さらに凛とした雰囲気を醸し出してくれます。


s-06
ラップタイプのスカートはボリューム感を抑え、そして動きを美しく見せてくれるダブルの効果があります。
後部分はシャーリングになっていて、ウエスト周りもスッキリと。


s-07
サーキュラースカートは色違いの、やや茶色味を帯びたシックなチャコールも素敵です。


s-08
冬が訪れるとロングスカートの上にロングコートを重ねて、さらにエレガントなスタイルはいかがでしょうか。
最近はスカートやワンピースの丈が長くなっているので、それに合わせる丈の長いコートも気になっています。


s-09


s-10
「スティアンコル」のロング丈のステンカラーコート〈ルーヴル〉は、コットン素材の物をを愛用していますが、この秋新たにウールカシミヤ素材のコートが登場しました。
上質なイタリアのザニエリ社のダークネイビーとネイビーのヘリンボーン織の生地は、一見無地に見えますが、近くで見ると二色の織り成す配色の美しさにうっとりしてしまいます。
襟から肩にかけてのラインがとても綺麗で、いつものスタイルを格上げしてくれるコートです。
黒に近いダークネイビーは普段の装いだけでなく冠婚葬祭にも使え、大人の方にお勧めしたい一枚です。


s-11
秋から冬へと季節は巡り、大好きなコートに袖を通すのが今からとても楽しみです。

明日は深まる秋にぴったりな、タータンチェックのシャツとツイードパンツのコーディネートをご紹介しますね!


・・・

ウール ボートネックカットソー
「HAND ROOM WOMEN’S」
¥14,000+tax

サーキュラー ラップスカート
「michel beaudouin」
¥24,000+tax

ウールカシミヤ ヘリンボーンロングコート〈LOUVRE〉
「SOUTIENCOL」
¥98,000+tax

タイツ・靴 私物

Daja(ダジャ)

島根県松江市学園南2-12-5 HOYOパークサイドビル1F
TEL:0852-24-0112
営業時間:11:00~19:00
定休日:火曜日
http://allo-daja.com

 

Profile

板倉直子

Naoko Itakura

島根県松江市のセレクトショップ「Daja」ディレクター。トラディショナルをベースに自分らしい着こなしを提案している。著書に『頑張らないおしゃれ』『大人のための かしこい衣服計画』(ともに主婦と生活社)が。この連載では、2月、4月、8月、10月に1週間特集として登場予定。

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ