春へと誘うリネン素材を組み合わせて

おしゃれさんコーディネート
2020.01.26

大阪・箕面「ALPOA(アルポア)」 vol.4

←vol.3はこちらから


まだまだ冬本番ですが、暖かい気候を待ちわびながら、春の装いのことも色々考えてみたくなりまして。そこで今回は、ちょっと早いですが、リネン素材のアイテムを色々取り入れたスタイリングをご紹介したいと思います(早く暖かくなれ! という想いも込めて…)。

svol.4-01
潔いリネンの白が明るく映えるオールインワンを組み合わせたシンプルなスタイリングです。

svol.4-02
svol.4-03
スペインを拠点にピレネー山脈近くの小さな町で、伝統的な縫製技術を用いる熟練した職人によって製作されている「Worker’s Nobility(ワーカーズノビリティ)」のこのオールインワンは、素材はとても上質でナチュラルなリネン素材で作られています。

svol.4-04
潔い白は清潔感だけでなく凛とした印象もあるので、リラックスなフォルムでも、メンズ的なアイテムと合わせても綺麗な雰囲気に纏まります。

svol.4-05
vol.3で登場したスノーパーカーに合わせてリラックス感のあるフォルム同士で合わせてみたり。

svol.4-06
足元には、東ヨーロッパはスロバキアにてバルカナイズド製法で作られている「NOVESTA (ノヴェスタ)」のローカットスニーカー。アウターの色に馴染ませながら、オールインワンの白が映えるようにブラウンを選びました。

svol.4-07
svol.4-08
続いては、先程のアースカラーのアウターとは逆に、色鮮やかなカーディガンを組み合わせて。幼く映りがちなオールインワンも、こんなカーディガンを組み合わせれば、グッと女性らしさが増します。

svol.4-09
この色鮮やかなカーディガンは、シンプルなニットアイテムがとても得意な「eleven 2nd (イレヴンセカンド)」のモノ。リネンシルクの素材は、清涼感がありながら、サラッとした滑らかな肌触りは格別です。

svol.4-10
そんなカーディガンの色鮮やかさを活かすように、マキシ丈スカートとも合わせてみました。

svol.4-11
svol.4-12
リネンのナチュラルな風合いに合わせるように選んだのは「SINI KOLARI(シニコラリ)」のピアス。フィンランドの自然の中で移ろう季節の情景にインスピレーションを受けながら製作されたアクセサリーは、左右で葉の枚数が異なるリーフ型や河の流れのような湾曲が綺麗なモノ等、北欧の神秘性や象徴に溢れているので、肌や衣服のナチュラルな素材にもさり気なく溶け込みやすいアクセサリーです。

svol.4-13
svol.4-14
svol.4-15
そしてマキシ丈のスカートは、オールインワンと同じく「Worker’s Nobility(ワーカースノビリティ)」のサークルスカート。こちらのファブリックは程よくコシのある上質なリネン素材を贅沢にもたくさん使用したサークル状のパターンがとても魅力的です。

svol.4-16
最後はそのスカートを使って、懐かしさも感じるようなサックスブルー×ネイビーの爽やかなスタイリング。

svol.4-17
コットンリネンのロングシャツワンピースのボタンを開けて羽織り、ベストと合わせてみました。アルゼンチン「Nido(ニド)」のベストは、ハンドスパン・ハンドニットによる柔らかな風合いと編み地が特徴的です。

svol.4-18
爽やかなスタイリングなので、軽くなりすぎないように、バッグには「Aeta(アエタ)」のミニショルダーバッグを。手持ちでもショルダーでも使えて、持つだけで大人な女性らしい雰囲気に映ります。

「Worker’s Nobility(ワーカースノビリティ)」のオールインワンやサークルスカートは、ヨーロッパの上質でナチュラルな素材を使ったモノ作りを行っていますが、建築を衣服で表現したような構築的なデザインがとても魅力的で、シンプルなスタイリングでもきっちり表情豊かにまとまる、そんなところに惹かれます。一方、個性のあるデザインのボトムスに対して、「eleven 2nd (イレヴンセカンド)」のシルクリネンのように素材感も色も際立つようなモノとの相性はとてもいいんですよ。

長々とお付き合いありがとうございます。次回は4月にご紹介させていただく予定です。それでは4月もどうぞよろしくお願いいたします!

撮影:山本 幹 モデル・文:山本えり 


coordinate item
コート:70‘s US SNOW PARKA(OVER DYE)
オーバーオール:「Worker’s Nobility」Overall ¥29,000 + tax
カットソー:モデル私物
シューズ:「NOVESTA」STAR MASTER CLASSIC BROWN ¥9,250 + tax

coordinate item
カーディガン:「eleven2nd」Fine Linen Silk Button Cardigan ¥27,000 + tax
スカート:「Worker’s Nobility」Circle skirt ¥24,000 + tax
シューズ:「LUNGE」Adargio W / Army Grey ¥30,000 + tax
バッグ:「ERA.」M.S BALLOON SAC MEDIUM ¥21,000+ tax
ピアス:「SINI KOLARI」Varjo earrings S (stud earring / pierced) ¥18,000 + tax

coordinate item
ワンピース: モデル私物
ベスト:「nido」TOP CANASTA ¥12,000 + tax
スカート:「Worker’s Nobility」Circle skirt ¥24,000 + tax
シューズ:「_Fot」v ballet - black ¥35,000 + tax
バッグ:「Aeta」SHOULDER S ¥23,000+ tax
リング:「Touareg Silver」Ring 11 / Silver & Ebonywood ¥13,000 + tax

 

←その他の「ALPOA(アルポア)」の着こなしはこちらから

アルポア

大阪府箕面市船場東1-9-6 南側1F
TEL:072-744-7739
open:12:00~19:00
木曜定休
HP:https://store.alpoa.jp/
Instagram:@alpoa_minoh 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ