春めいたら、鮮やかな「そよご染め」のストールを

今日のひとしな
2020.02.28

~ うすけはれ より vol.28 ~

 
春。冬の静かな景色から、若葉が芽生え、梅が咲き桜が咲く頃。身の回りの山々が淡くカラフルな色に移ろうなか、緩やかにそして力強く変化していく様子を見ていると、山々の自然から背中を押されているように感じます。

今日も寒い冬。暖かい春が楽しみです。
 
web-kiji0015 
ようやくきた春。

待ちに待ったときがきたという気持ちを胸に、「うすけはれ」では毎年展示会を行います。私たちに春の訪れを感じさせてくれるのは、長野県でそよご染めをされている北澤さん。春の訪れとともに、美しい色に染められたストールを届けてくださいます。
 
web-kiji0017           
そよごは「冬青」と書き、諏訪の冬の厳しい寒さの中でも、凛とした美しい緑の葉を保っている植物です。
 
「一年中青く栄える木―さかき」ということで、寒さが厳しい諏訪では榊が育たないため、諏訪大社の上社、下社をはじめほとんどの神社でこのそよごが玉串に使われているそう。上社、下社など神社の境内にはたくさんのそよごの木が植えられているそうです。
 
web-kiji0013 
染物の多くは、染料として何を使用しているかを明記しているものが多いのですが、その植物からは思いもよらない色で染められていて驚くこともしばしば。このそよご染めも例外ではなく、青々とした美しい緑の葉っぱから生まれるのは、鮮明な赤色。特にシルクオーガンジー素材のストールは、はっとするような美しさです。
 
web-kiji0011web-kiji0010
web-kiji0019

その他にも、畑で育てた藍やハーブ、近隣で採取した木、草、花などの身近な植物で草木染めされたストールたち。
 
美しい色というのはどうしてこんなにも見る人の心を奪うのでしょう。季節はもうすぐ春。今年もまた色あざやかな美しい季節がやってきます。
 
 
うすけはれ

香川県小豆郡小豆島町中山131−1
TEL:090-8284-6171
営業時間:10:00~17:00
定休日:火曜、水曜
https://www.usuqefare.com/
Instagram「@usuqefare

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ