オールシーズン活躍する「ピューブ」のリネンワンピースの着こなし

おしゃれさんコーディネート
2020.02.02

北海道「and ordinary.(アンドオーディナリー)」の着こなしVol.1 


はじめまして。札幌市・中央区にあるセレクトショップ「and ordinary.(アンドオーディナリー)」です。当店のコンセプトは"お客様の日常生活に寄り添う衣料品と生活道具の提案"を掲げており、2020年3月で8周年、9年目を迎えます。

2019年6月には北海道内のむかわ町という小さな町に、2店舗目となる「BROWN and ordinary.(ブラウンアンドオーディナリー)」をオープンしました。両店舗共、基本のコンセプトは変わらず、セレクト商品にもなるべく線引きをせずに同じものをご紹介しております。

今年1年間、2・5・8・11月を担当させて頂く事になりました。北海道という本州から比べて遠い場所にある店舗ではありますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

sPC193638
1回目の本日は、当店でオープン当時からご紹介している「pub(ピューブ)」というブランドのワンピースの着こなしです。まずは全体のトーンをブラックで統一し、大人っぽさを出すコーディネートでご紹介します。

sPB020519
「ピューブ」はご夫婦で営んでいるブランド。レディースをメインとした毎シーズン少量のコレクションを提案されていますが、少量な分、1つ1つの完成度が高く、生地から全てブランドオリジナルで織り上げています。

sPC193647
ご主人はフランスでパターンの修行を経て帰国し、日本でオリジナルのブランドを立ち上げました。パターン専門での修行経験を生かし、とてもリラックスして着用出来るサイズシルエットが特徴的です。

sPC193642
また、デザインもシンプルで飽きが来ないのがポイントですが、「ピューブ」らしく随所に縫製職人泣かせのギミックが散りばめられています。熟練の職人による縫製が素晴らしく、沢山ご愛用頂いても丈夫で、生地の経年変化と共に長くご愛用頂ける作品ばかりが揃います。

sPC193644
今回ご紹介のワンピースは高密度に織り上げたリネン100%素材を使用し、仕上げのワッシャー加工による独特なシワ感が特徴的な一着。製品染めによる深い色合いのブラックカラーがとても上品で、普段着からシックなコーディネートまで幅広い着こなしが楽しめます。

sPC193668
フロントは大ぶりのスナップボタンによる脱着で、全て開けてコートのように羽織ることも。前を留めてワンピースとしてもお使いいただける2WAYの作品となっています。

sPC193654
ウエスト後ろ部分には、巾着のように入れた紐でギュッと絞ってシルエットを簡単に変えることが可能で、様々な応用ができるデザインです。

sPB020537
内側もパイピングで処理されており、お洗濯も簡単に行えます。

sPC193658
少しガサッと乾いたような質感の上質なリネンが素晴らしく、「ピューブ」らしさを存分に味わえるオススメの作品となっております。季節をあまり意識せずに着たい時に着られるアイテムです。

sPC193640
黒をメインとしていますが、ソックスやインナーのシャツで暗くなりすぎない様ように合わせています。まだまだ寒い季節にはこの上からオーバーコートをはおって、マフラーや小物で冬感を演出するのがおすすめです。春夏シーズンはこのワンピースコートをメインに、温かければコートを脱いでも。

sP1300076
アイテムとしてはワンピースですが、ワンピースonワンピースという面白さのあるコーディネートをご紹介します。合わせたのは、「ARTE POVERA(アルテポーヴェラ)」という岡山のブランドのワンピース。

sP1300082
定番のギャザリングワンピースは生地を変えながらリリースされている作品で、今回ご紹介のものは薄手のコットン100%生地を採用しています。大人っぽく見える首元の開きを生かし、インナーのカラーを変更したりするのも楽しめます。

sP1300085
ブリックブラウンカラーは黒いアウターを重たく見せない効果があります。もう少し暖かくなれば、上のはおりを脱いだときもサマになり、一枚でしっかりとアクセントになってくれます。まだ寒い季節にはパンツを合わせるのもいいと思いますし、真夏には1枚でサラッと着て頂いても、爽やかに涼しく過ごすことが出来ます。

sP1300087
コットン100%はお手入れも楽チン。重ね着次第で通年通してご愛用頂けるので、こちらのワンピースもとてもオススメの作品です。

今回ご紹介の作品はほとんどブランドの定番品として毎年・毎シーズンご紹介しています。飽きることのないデザインですが、ふと手に取った時に安心して着ることの出来る作品です。

coordinate item
ワンピース:「pub」 35,000+税
シャツ:「Production et Fabrication(AU GARCONS) 」SHIRTS OPEN CREW NECK / LINEN NATURAL  17,000+税
パンツ:「jujudhau 」 WIDE PANTS / CANVAS BLACK  24,500+税
シューズ:「PULETTE 」 Plane Toe Shoes / BLACK  55,000+税


coordinate item
はおりして着たワンピース:「pub」 35,000+税
中に来た:ワンピース :「ARTE POVERA」24,000+税


←その他の「and ordinary.」の着こなしはこちらから 
←その他の「おしゃれさんコーディネート」はこちらから

and ordinary.

●札幌店
札幌市中央区南1条西1丁目2 大沢ビル6F
TEL: 011-206-6629

 

●むかわ店”BROWN and ordinary”
勇払郡むかわ町末広2丁目29

 

http://and-ordinary.blogspot.com/
Instagram:@andordinary 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ