ミャンマーの民族衣装「ロンジー」布で作ったブラウス

今日のひとしな
2020.03.02

~ 「cholon(チョロン)」より vol.2 ~


ミャンマーでは、女性も男性も巻きスカートのような民族衣装「ロンジー」を身にまとっています。1m×2m ほどの布を筒状に縫い合わせてあり、腰の部分でキュッと結んで履きます。女性は華やかな織りやプリントの柄物、男性は細かいチェック柄が多く、地方や民族によってもさまざまな種類があります。


ミャンマーを訪れる度に気になっていました。
写真はヤンゴン市内のシュエダゴンパゴダで。女性のロンジーは色合いが華やかでぴったりと体に沿ったブラウスとのコーディネートが美しいです。


女性用もとても素敵なのですが、一見地味な男性用の細かいチェック柄の生地が服地に合いそうだなと思いました。市場で手にとってみると、質の良いコットン素材で肌触りもとても良いのです。
ヤンゴンの市場でじっくり選んで買い付けた、シックなチェック柄のロンジー布でいろいろとサンプルを作り、ギャザーが入り丈を長めにとったデザインのブラウスを仕立てることにしました。ロンジー布は現地から札幌へ送り、届いてから洗いをかけ、北海道内の縫製工場で製品にしています。


ウエストの高い位置に切り替えを入れ、ギャザーをたっぷり取っているので、着るとふんわりと裾広がりのシルエットになります。ギャザーは前身ごろの中心には入れず、途中から後ろ身ごろにかけて寄せてある ので、前はすっきり、脇から後ろにかけて広がるデザインです。丈はやや長め、肩は少し落ちていて腕まわりもゆったりしています。ノーカラーで首回りはすっきり。肌寒い時期はタートルネックなどを中に合わせるのもおすすめです。


細い糸を使った密度の高い織り生地で、さらりとした肌触り。細かなチェック柄は黒やブラウンの濃い色がベースとなっており落ち着いたかわいさがあります。 綿100%でお洗濯も簡単。シーズンを問わずに着られる一着です。

ロンジー ギャザーブラウス 14,300円
https://cholon.website/collections/tops

 

←その他の「cholon(チョロン)」の記事はこちらから

cholon(チョロン)

住所:札幌市中央区大通17丁目1-7 庭ビル1F
電話:011-302-3333(庭ビル代表)
営業時間:午前11時〜午後7時 ※現在は12時~17時までの短縮営業中
定休日:日曜、月曜(月曜が祝日の場合は火曜代休)、年末年始
https://cholon.website/
instagram:@cholonshop 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ