「45R」井上保美さん【私とデニム Vol.1】

大人になったら、着たい服
2020.03.04

常に更新し続け、あらためて原点に。
私の40年はデニムとともにありました


「デニムは毎年更新する。それが私のスタイルですが、実はブランドとしても、“スタンダードこそ毎年深化する”という至上命題があるんです。変わらないために変わり続ける。スタンダードとして愛され続けていくためには絶対に必要なことです。デニムをデザインし続けて40年以上。はたから見れば、ずっと同じようなものを作り続けて変化がないと思われるかもしれませんが、素材や色、織り、形などを微妙に変えながら、少しずつ深化してきているんです」

と井上さん。ブルーデニムにウールの紺ジャケット、ホワイトデニムに別珍のGジャン、デニムのGジャンにツイードのパンツ、そしてオールインワンにパール。どれもスタンダードなアイテムなのに、ハッとするほど新鮮な格好よさと女性らしさがあります。そして何より井上さんご自身が以前にも増して、より自由におしゃれを楽しんでいるように感じます。


「去年『45R』がスタートして40年を迎えました。それを機に、ブランドとして“原点を見つめ直そう”と原点回帰を掲げたんです。なので今、そのころの自分に戻って服づくりをしている感覚がありますね。本当に自分が好きなものを作り、好きなように着ているので、楽しいしホッとしています」

 

→Vol.2に続きます

photo:回里純子 text:和田紀子

 

どこの洋服? など、もっと詳しい内容は、ただいま発売中の
『大人になったら、着たい服 '19-'20 秋冬』でご紹介しています。
ご覧になってみてくださいね。

Amazon
楽天ブックス


→その他の『大人になったら、着たい服』の記事はこちら

Profile

井上保美

Yasumi Inoue

1954年生まれ。日本国内で42店舗、海外でも17店舗を展開する、フォーティファイブアールピーエムスタジオ㈱の副社長。1978年のブランド立ち上げ当時より、現在にいたるまで「45R」のデザイナーを務める。大好評の既刊『井上保美さんのクロゼットから』(主婦と生活社)に続く新刊『井上保美さんの365日着こなし見本帖』(主婦と生活社)も、発売されるやいなや大反響を呼び、続々と重版が決定。

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ