色目 質感をバランスで楽しむ

おしゃれさんコーディネート
2020.03.15

寝屋川「eminent(エミネント)」のきこなし vol.3


前回に続いて 春から夏に使える羽織り物で
少し丈の短いアイテムのご紹介。

今回は 洋服や小物を ホワイト ブラック グレーの無彩色を使い
コーディネートしてみました。


ブラックは 素材により
光の入り方や 隣にある色目 質感 配分による
目の錯覚等で
深いネイビーのような
深いチャコールグレーのようにも見える、

楽しい 色目と質感。

ホワイトを 差し色に……

「NO CONTROL AIR(ノーコントロールエアー)」の
キュプラコットンフィブリルカルゼ カーディガン(ブラック)は

キュプラコットンのカルゼ織の生地を もみ洗いして、
少し毛羽ただせてています。
表面に見られる しろい産毛のような起毛感が特徴的です

薄手で ヌメリがあり サラリとした質感
独特のスモーキーな色合いとタッチに
とても惹かれる素材。


容姿は1つボタンで ボタンは両面に付き
どちら側にも留められる仕様で
肩幅身幅が広い ビッグカーディガン。

やわらかく 薄い素材が流れてドレープして影が落ち
美しい質感を出してくれます。

とても空気感のある ブラックカーディガンです。

 

「キジマタカユキ」 Ester Knit Beret(Black)
「ノーコントロールエアー」 キュプラコットンフィブリルカルゼ カーディガン(ブラック/size XS)
「ノーコントロールエアー」 80/-平織リネン ノーカラーシャツ(ホワイト)
「ハバーサック」 Grosgrain Tapered Easy Pants(Black)(size S)
「フォルメ」 Belted Blucher

 

大きいビッグカーディガンの落ちて膨らんだ場所と
パンツの腰回りのボリュームが一番大きい場所を合わせ
シャツをタックインして 裾のバランスを決めています。


インナーは 80/-平織リネン
リネンとしては 細番手になる80/-の平織を製品洗い(Linen 100)しています。
要所に リネン糸のフシ ネップが見える とても風合いのある素材です。

容姿は ノーカラー。
やや薄手で 少し透け感があり やわらかでシンプルなシャツ。
凛とした質感 ドレープする素材に入る陰影、
とても素敵です。


パンツは 中肉よりやや薄手で素材感のある
ハバーサックのキュプラ リネン コットン グログラン素材。

中肉よりやや薄手で 細かい凹凸が横に走り
ハリと カリッとした質感 そしてサラリと肌ざわりが良い
素敵な表情を持った素材です。

お気軽な仕様でありながら 綺麗な雰囲気に使える
テーパードイージーパンツ。
手持ちのブラックパンツとはまた違う
雰囲気のある素材感に惹かれる1本です。


やや薄手なカーディガンのコーディネートなので
共に 使いやすい薄さと存在感のある素材です
足元は 少し男前に革靴で……
全体的に軽い素材のバランスを 凛とさせています

 

「ノーコントロールエアー」 キュプラコットンフィブリルカルゼ カーディガン(ブラック/size XS)
「ゴーシュ」 エステルクレープハイネックノースリーブ(ホワイト)
「ノーコントロールエアー」 Polyester Wrinkle Taffeta Easy Pants(Black/size XS)
「トリッペン」 SWAMP(Black)

 

インナーには エステルクレープハイネックノースリーブ
とても細かい梨地やチリメンのような
やわらかな表情がある 素敵なポリエステル素材
サラリと落ち感のある素材がドレープする
美しいバランスを持った ノースリーブシャツ

パンツは 極細のポリエステル糸で織ったタフタ素材
とても軽く しなやかで なめらか


全体の素材感を合わせて
足元は レザーサンダル

お気軽で 何処かエスニックな雰囲気もありながら
少し綺麗な感じを……

 

「ゴーシュ」のリネンコットンスラブ ジャケット(ライトグレー)は
太番のコットンスラブ糸の撚りを甘く仕上げて 綿麻を並べて平織にし
製品染めで仕上げた素材。

やわらかく 程よくハリがあり
表面に浮きあがったような細かい凹凸があり
要所にネップや織段が見える 素敵な表情を持っています。


袖をグシャリとして サラリと羽織って。

とても空気感のある ジャケットです。

 

「ゴーシュ」 リネンコットンスラブ ジャケット(ライトグレー)
「ノーコントロールエアー」 強撚コットンニットジョーゼット ドルマンスリーブ(size XS)
「ノーコントロールエアー」 トリアセテート&ポリエステル スラブボイル イージースカート(Black/size 38)
「トリッペン」 Beutel(Black)
「スタイルクラフト」 T-01(GOAT INK BLACK)

 

インナーには 綿の強撚糸を使用したアムンゼン組織で編んだ
コットンニットジョーゼット。

やや薄手ですが膨らみがあり
糸の組織により シャリ感 ドライ感が出た生地。
表面に細かい表情があり とても良い質感がある素材。

質感の高い素材が 立体的に計算されて落ち
動きに流れる素材もデザインされている。
綺麗なドルマンスリーブ。

ボトムのスカートは……
トリアセテートとポリエステルを混紡したスラブ糸で織りあげたボイル素材。

少し薄手で シャリ感があり 少し透け感がある素材。
やや杢調に染まった 深い色目、
やわらかな風合いと 上品な質感がうまく出ています。

分量がありながら 素材が落ち 美しくドレープ。

綺麗な雰囲気でも カジュアルとしてもコーディネートしやすく
素材感も良く 取り扱いもお気軽な 大人のイージースカート。


バッグと靴は 共にレザーで ミニマムなデザインを選びました。
シンプルなコーディネートを 素材の質感と 落ち感 流れるドレープで遊んでいます。

 

「ゴーシュ」 リネンコットンスラブ ジャケット(ライトグレー)
「ノーコントロールエアー」 ポリエステルスパン天竺 ノースリービワンピース(ブラック)
「ノーコントロールエアー」 Cut and Sewn
「ゴーシュ」 60/1 強撚フライス レギンス(ホワイト)
「スタイルクラフト」 LOW CHUKKER(RAKUDA WHITE)

 

合わせたワンピースは ポリエステルスパン天竺。
綿のような ポリエステル合繊素材で
吸水速乾性と優れ 洗っても縮む事も無い素材。

ゆるやかなUネックで 肩幅はやや広く肩にかかる感じで
裾に向かい広がるのですが 素材が流れて落ちて
自然な陰影を……


今回は カーディガンのようにジャケットを着て
インナーや 足元には ホワイトを差し色的に。

 

「jujudhau(ズーズーダウ)」のCHINA JACKET(CHAMBRAY)は
やや薄手で 織やネップの表情があり 風合いが豊かな
コットンシャンブレー。

程よいシャリ感とハリがあり
波打つ表情がある 素敵なネパールの素材です。


小さい襟のスタンドで 肩幅身幅が広く
フロントはチャイナボタン 大きなハリポケットがあり
サイドに深くスリット 袖先内にスリットが入った
ややザックリとしたラインに仕上げたチャイナジャケット。

素材感 匂いのあるシャンブレーに
この風貌が とてもシックリくるアイテムで
ある意味 デザイナーが作りました感が無く
何処か無骨で 穏やかな空気が流れるアイテムです。

カットソーでサラリと
ワンピースやスカートにも……


ネパールで チャイナ
なんだか惹かれる CHINA JACKET。

 

「ズーズーダウ」 CHINA JACKET(CHAMBRAY)
「ズーズーダウ」 KINCHAKU DRESS(CHAMBRAY)
「M」 Leather Slip-on Shoes
「スタッフ」 Bucket Tote 1(Wash Black)

 

インナーに着たワンピースは 同素材のコットンシャンブレー。
少しだけ横に開いたクルーネックで
肩が落ち 身幅が広く 腰位置位に同素材のヒモが入り
サイドにポケットが付いた ロング丈のワンピース。
ヒモの縛り方等で 着方をアレンジしても楽しめます。


バッグは リネンキャンバスをパラフィン加工した素材
表情 風合いが とっても良く迫力のある質感です。
馴染んでいくと柔らかくなり風合いも増してきます。
バケツトートで 口の止めはありませんが
ショルダーを持つと 中央の口が下がり 中が見えない仕掛け。

ジャケット ワンピース バッグ 共に風合いの高い素材なので
足元は 質感がありながらも 上品な雰囲気もある
レザースリッポン。

 

「ズーズーダウ」CHINA JACKET(CHAMBRAY)
「ノーコントロールエアー」ライトクレープダブルクロス イージーワイドパンツ(ブラック/size S)
「トリッペン」 YEN(Black)

 

こちらは シンプルにサラリとワイドパンツで……
アセテート80% ポリエステル20% ライトクレープ ダブルクロス。
中肉位の サラッとした質感で ストレッチ性があり しなやか
とても表情がある素材で 裏面がサテン織りになっています。

分量がありながら 素材が落ち 美しくドレープ。
綺麗な雰囲気でも カジュアルにもコーディネートしやすい
素敵なブラックのワイドパンツです。


足元はパンツと同色でレザーの「トリッペン」。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

年齢を重ねて 自分たちが選ぶ質感は
少しずつ変化してきました。
何年も前(何十年も前)に購入した洋服も 手元に残って
好んで着ている物は
デザインよりも 素材の質感…… そんな気がします。

その質感や風合い 表面のタッチは
今の自分たちの肌に(質感)合っているのかもしれません。

今の自分たちは お気に入りの色々な素材の組み合わせで遊ぶ
そんなコーディネートが お気に入りだったりします。

色目 素材感 バランス

ディテールや銘柄だけでは無い
洋服の 楽しさなんだと思います。

 

←その他の「eminent(エミネント)」の記事はこちらから

eminent(エミネント)

大阪府寝屋川市日之出町3-1
TEL:072-820-5610
open:12:00-20:00
close:Tuesday
Instagram:@un.regard.moderne 
Online shop:https://eminent.cc/?mode=f1

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ