【気分があがる洋服編】「この夏おすすめのおしゃれと暮らしのとっておき」webオリジナル版

ナチュリラ
2020.07.13

7月4日に発売しました『ナチュリラvol.50 夏号』。皆さん、もうご覧いただけましたでしょうか? P80~特集している「この夏おすすめのおしゃれと暮らしのとっておき」では、「暮らしとおしゃれの編集室」でおなじみの店主さんたちに、夏に活躍する素敵なひとしなを撮影していただき、おすすめポイントを伺いました。
誌面でご紹介しきれなかったアイテムを本日から5日間特集でご紹介します! 初日の今日は【気分が上がる洋服編】です。店主さんのおすすめコメントも併せて、チェックしてみてくださいね。

手染めのプリント柄が
シンプルなコーディネートのアクセントに


インドで手染めされたブロックプリント柄の長袖ブラウスは、夏のワンツーコーデにほどよいアクセントを与えてくれます。肌ざわりのいいやわらかなコットン素材を使用しているので、薄手で軽い仕立て。リネンのロングギャザースカートやジーンズなどパンツとも相性抜群です。(店主・佐々木さん)\12,000+tax/チョロン


春先から真夏、秋口まで
着心地にこだわる方に


「アミュー シー」が定番でリリースしているガーゼワッフルシリーズ。オーガニックスーピマコットンを使用した極薄のワッフル生地は、肌当たりがやさしいことが特徴です。とても軽い着心地で、春先から秋まで着回して楽しめますよ。ほどよい透け感があり、夏らしいコーディネートがしたいけど肌を出すのはちょっと苦手という方には特におすすめ。繊細な生地ですが、手洗いまたはネットに入れればお家での洗濯もOKです。(バイヤー・石政さん)\12,000+tax/スティーフ


こだわりのある定番アイテムを
この夏も愛用して


「サラジジ」のラフコットンのカットソーは、オリジナルで生地を作るところからこだわった定番アイテム。太さにムラのある糸をあえて使用し、甘く編むことでやわらかく、肌にさらりと心地よい風合いが生まれます。Uネックのラインが美しく、ゆるく見えすぎないところにもこだわりありの一枚です。(店主・小森さん)\7,000+tax/コプス


鮮やかなカラーリング
一年中着られるハイテクインナー

「リグ アンダーウェア」に女性心をくすぐるピンクが新しく仲間入りしました。スーピマオーガニックコットン100%の薄手の生地は、やわらかな肌ざわり。夏は汗を吸収し速乾性があり、冬はふわりと身体を包み込んでくれてあたたかく、快適です。一年を通して着ていたいインナーに出会ってみてはいかがですか? (店主・上村さん)\8,800+tax/アイナチュラル


黒が苦手な方におすすめ
リネンサロペットで楽ちんコーディネート

「レイトリー」のリネンサロペットは黒ではなくスミクロだからやさしく、軽やかな雰囲気。前に並んだボタンやウエストのヒモがすっきり見せ効果を発揮してくれます。中に合わせるTシャツで幅広い着こなしが楽しめて、着るだけでおしゃれに決まるので、一枚あると重宝しますよ。(店主・佐藤さん)\17,800+tax/ハチテン


ワンピースとしての着こなしも
華やかなリネンガウン


ドライタッチで清涼感あふれるリネン素材の「ユニヴァーサル ティシュ」のガウン。シンプルになりがちな夏のコーディネートに合わせるだけで、華やかな印象になります。たっぷりとした生地使いなのでウエストマークするとワンピースにも。少し肌寒い日や日除け用のはおりに、そして秋口まで活躍する一着です。(スタッフ・和田さん、着用モデル・shimaさん)\18,500+tax/ガッシュ福岡


どこへ行くにも
ハイテクワンピースと一緒に


シワになりにくく、吸水速乾性に優れたハイテク素材を使用した「スノーピーク」のワンピース。「梨地織」で織られた生地は、その名の通り梨の表面のような凹凸があり、暑い夏もさらっとした着心地を叶えてくれます。リラックス感のあるシルエットでも、バックスリットや肩落ちのデザインのおかげで女性らしい雰囲気にまとまります。(スタッフ・上田さん)\22,000+tax/ハック バイ ワンダーマウンテン


特集「この夏おすすめのおしゃれと暮らしのとっておき」は、『ナチュリラvol.50 2020夏号』の誌面でもぜひチェックしてみてくださいね。
Amazonはこちらから 楽天ブックスはこちらから

【着こなしのアクセントになるバッグ編】へ続く→

←その他の『ナチュリラ』の記事はこちらから

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ