ほっこり。たまごかけご飯の朝ごはん

器店主の朝ごはん
2021.01.03

「うつわと暮らしの道具 凛」小滝昌子さんvol.1

大阪府富田林市で「うつわと暮らしの道具 凛」というお店をしています小滝昌子です。
今日から4週にわたって我が家の朝ごはんをご紹介させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、この日はご近所さんからお取り寄せのおいしいたまごをお裾分けしていただいたので、たまごそのままの味を楽しみたい♪と、たまごかけご飯の朝ごはんです。
オレンジ色をした濃い黄身の色。たまごを割る瞬間がウキウキしました。
朝起きてした準備と言えば、たまごを割ってキウイをカットしたことくらい(笑)。前の日の夕飯で作った豚汁と浅漬けといった、シンプルな夕飯からのスライド朝ごはんです。

しょうがをたっぷり入れて、大根や人参、里芋やこんにゃくなど、具がたっぷり入った豚汁は、豚肉とお野菜から良いお出しがでて、冬の朝の身体にその温もりが沁みわたりますね。
ごはんとお味噌汁。もう日本人全ての人のDNAに「おいしいもの」として認定されている食べ物じゃないかしら。本当にほっとします。

飯碗に使用したのは、Studio bwanjiさんのスープボウル。下の方に流れ雫になったガラス釉がとても美しい作品です。スープボウルと名前を聞くと、あぁそうか、スープに使うのね、と固定概念が入ってしまいますが、色々なお料理での使い方を考えると使う頻度も増え、テーブルセッティングにも幅が広がります。私はこれで小丼や煮物、お抹茶をいただいたりと、とても重宝しているお気に入りの器です。

浅漬けを乗せた東一仁さんのヒョウタン豆皿は、ブルーの発色が鮮やかで、落ち着いた和の雰囲気に偏りがちな私の食卓に爽やかなアクセントを与えてくれます。色や柄が際立つ器はまず、豆皿など小さなものから揃えてみると合わせやすくていいですよ。

この日の朝ごはんに使用したうつわは、

お湯呑みに(市野吉記さん) コースター(高野竹工)
飯碗に(Studio bwanjiさん) 豚汁に(栗久)
浅漬けに(東一仁さん) キウイに(木下和美さん)
お盆(田澤祐介さん) お箸、スプーン、薬味さじ(鈴木努さん)
お箸置き(鈴木盛久工房) 七味いれに(神戸の器屋さんで求めたもの)

でした。お読みいただきありがとうございました。

 

→「うつわと暮らしの道具 凛」の記事はこちらから

→その他の『器店主の朝ごはん』はこちらから

うつわと暮らしの道具 凛

大阪府富田林市高辺台2丁目31-8
TEL:0721-28-2188
営業時間:11:00~16:00
OPEN:水曜日 、木曜日、金曜日、第3土曜日
(常設期間と展示会期間でご来店方法が異なります。詳しくはHPをご覧くださいませ)
定休日:HPの営業日カレンダーをご確認ください
https://utsuwayarin.tumblr.com/
ネットショップ:https://utsuwayarin.shop/
Instagram:@utsuwaya_rin

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ