まかないホットケーキの朝ごはん

器店主の朝ごはん
2021.04.11

「うつわと展示室 edaha 」鈴木ともえさんvol.2


edahaがある古い建物の1階は、cafe conversion(カフェコンバーション)。
名物の「ほっとけーき」を16年、焼き続けています。
今は換気の為、窓を開けて営業する日が多いので
ホットケーキを焼く時の良い香りが、風に乗って1階から2階へやってきます。

企画展の搬入設営の際は、朝早くから出勤する事も多く
そんな時は、まかないにホットケーキを焼いてもらいます。

中はふわふわ、外は焼き色がついてさっくり。
この日は、りんごとクリームチーズのホットケーキ。
季節限定から、お客様のリクエストで定番メニューに仲間入りした人気の品。
ホットケーキ生地にクリームチーズが混ぜ込まれていて
シナモンとりんごの組み合わせに、
メイプルシロップとホイップを付けながらいただきます。
甘い朝ごはんは幸せな気持ちに。
什器の移動や、器の配置などの力仕事も頑張れます。

まかない席は、昔の型板ガラスの窓があるこのテーブルで。
1階のカフェと書店、2階の私。
3店舗でのミーティングもこのテーブル。少し特別な場所です。

出勤すると、コーヒーの香りに迎えられ
2階への階段を上がりながら、いつも気持ちがシャキッとするのです。
オーダーが入ってからハンドドリップで淹れるコーヒー。
カフェでコーヒーを注ぐカップは、edahaで販売しているものと、
1階の店主が作陶したものなど様々。

別注制作したランチコーヒーのマグカップは、
釉薬のつるっとした仕上げでお手入れもしやすく
スープカップとしても使いやすい大きさ。

2階でedahaをオープンするのが決まった時、
1階のカフェで実際に器の使い心地を確かめてからお買い物頂けるよう、
すぐに始めたのがコンバーションの看板メニュー、
ホットケーキランチプレート用の器作りでした。

サーブしやすい皿のフチの立ち上がり、
ホットケーキと付け合わせの小鉢たちが収まるちょうど良い大きさ。
長くお取り組み頂いている飯高幸作さんに依頼し、打ち合わせを重ねながら、
店の看板となるうつわとして、限定別注商品を制作いただきました。

ワンプレートや、メイン料理に、使いやすいオーバルの平皿。
店頭では、カフェで使用している白の他、刷毛目黒との2色を展開しています。

ケーキやパフェに使われているデザートプレートも年間を通じて人気の商品です。

荷受けの予定日など、短時間でささっと済ませたい時は、
簡単にグラノーラとヨーグルトの朝食も。
毎年夏の企画展で展開している栗原志歩さんのガラス器で、側面の見た目も楽しく。
アイスクリームを溶かしながら、抹茶ミルクのように食べるのも美味しい
「小さい台所」さんの抹茶グラノーラは、お取扱いさせて頂く度、大人気のお品。
4月21日(水)にも店頭に並ぶ予定です。

今日のうつわ

飯高幸作さん(常設) /edaha限定オーバル皿
スープカップ・サラダ鉢・サルサカップ・デサートプレート・マグカップ

recordさん(常設/4月下旬〜5月入荷予定)/ グラノーラの木プレート

店頭ではコラムに登場する器を集め「朝ごはんのうつわ展」を〜4/30まで開催中です。

photo&text 鈴木ともえ

 

→「うつわと展示室 edaha」の記事はこちらから

→その他の『器店主の朝ごはん』はこちらから

うつわと展示室 edaha

埼玉県草加市高砂1-10-3 cafe conversion 2階
定休日:日・月(祝日・土曜不定休)(展示入替時は休業/HPをご確認ください)
https://edaha.shopinfo.jp
Instagram :@edaha_shop 
取り扱いの器を使った食卓は Instagram #エダハノゴハン #エダハノオヤツ で更新中

 

みんなの市 https://minnanoichi.localinfo.jp

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ