定番の朝ごはん

器店主の朝ごはん
2021.09.05

「おかずのうつわ屋本橋」本橋真紀子さんvol.1

第1回は我が家の基本の朝食ということで「ご飯と味噌汁と納豆、玉子、ヨーグルト」。
私は大学生の次女と2人暮らしなので決して朝早くは食べていません。7時頃に起きてストレッチして家事をしてから8時半過ぎに食べるので、時間的にはかなりゆとりがあります。2年前までは長女の分とあわせて朝早くからお弁当を13年間作っていたなんてもう信じられません・・。

ご飯自体の銘柄にはこだわりがないのですが、お弁当がなくなってからは炊飯器をしまい込み鍋でご飯を炊いています。白米と玄米を半々の割合にしています。慣れると意外にも手軽だしやはり美味しい!
ところが最近、能登の作家さんから「この陶器の羽釜で炊くともっと美味しいから!」と強力なおすすめがあり羽釜を使っています。本来、羽釜は鉄製ですがこれは陶器なのでほぼ土鍋の感じです。蓋の木の香りもしてこちらも手放せないです。

そして我が家の朝食で欠かせないのが具だくさんの味噌汁です。お米は食べなくても味噌汁だけは飲んでいく、という存在です。3~5種類の具材が入るのでワカメなど海藻類、野菜、味噌の大豆、とバランスよく摂取できるし何といっても温かいものを体に入れると落ち着く感じがします。
でも出汁はインスタント。「ほんだし」を愛用しています。ワカメも2~3日分を戻しておき、油揚げなども刻んだものを冷凍しておくので、あとは冷蔵にある野菜を刻んで鍋に入れて味噌を溶くだけなのでお手軽です。

そしてこれも欠かせない納豆。今日はモロヘイヤを茹でて刻んでおいたものがあったので一緒にグルグルと。他には明太子とかじゃことか刻んだ韓国海苔とか適当に合わせています。何もトッピングがない時も勿論あります。

唯一の動物性たんぱく質として卵を。でもお弁当で焼き続けた玉子焼きは当面作る気がしないのと、私はとにかく生卵が大好きなのでこのままが多いです。次女は自分で好きな風に調理しています。

最後にヨーグルトに蜂蜜をかけて、食後に珈琲とクッキーなど甘いものを一口いれて終了。これが我が家の定番朝食です。かなりしっかり朝食は食べるほうで、朝抜きということはほとんどありません。朝起きるのはしんどくないほうだし、出来るだけ朝にやることはやりたいタイプ。しっかり食べて昼はかなり少量または抜いてしまうことが多いです。

今回ご紹介している器は土ものが中心ですが、いずれも手になじみやすく忙しい朝でも気軽に使えるタフさがあります。ただし、土ものはしっかり乾燥させないでしまうとカビや匂いの原因にもなるのでそこだけは気を付けています。特に高台はしっかりと。手洗いのあと、水切りカゴがいっぱいで重ねたりすると乾きが悪いので蒸篭を利用してそこに移して夕方まで放置しています。

使っている器は全てサイトでご紹介しています。

・羽釜・・・独歩炎 https://www.utsuwaya.com/washokki/donabe/001936.html
・汁椀・・・白鷺木工 https://www.utsuwaya.com/washokki/chawan/001592.html
・飯碗・・・田代倫章 https://www.utsuwaya.com/washokki/chawan/000199.html
・お箸・・・STIIK  https://www.utsuwaya.com/washokki/hashi/000121.html
・カンナ小鉢・・・マル大窯 https://www.utsuwaya.com/washokki/kozara/000057.html
・小鉢・・・うつわ工房 https://www.utsuwaya.com/washokki/kozara/001807.html
・高台小鉢・・・弓立窯 https://www.utsuwaya.com/washokki/chuzara/001833.html
・トレー・・・四十沢木工 https://www.utsuwaya.com/washokki/tray/001618.html

→「おかずの器屋本橋」の記事はこちらから

→その他の『器店主の朝ごはん』はこちらから

おかずのうつわ屋本橋

東京都世田谷区船橋1-16-11
TEL:03-3427-6768
営業時間:11:00~17:00
定休日:木曜・日曜・祝日 
http://www.utsuwaya.com/
Instagram:@okazuno_utsuwaya

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ