雨の日だっておしゃれしたい! 「OPANAK」のレインシューズ

今日のひとしな
2021.09.05

~「SABI」より vol.5 ~

秋の始まりは雨が多いですね。気温や天気がころころ変わり、急な雨に見舞われることも。雨の日に出掛ける時、何を履こうかなと迷いますよね。おしゃれで可愛い雨天用の靴ってなかなかないのですが、「OPANAK(オパナック)」のレインシューズに出会ってから雨の日も快適に過ごせるようになりました。

見てください、このかわいさ!

セルビアの国民的シューズ「OPANAK」は、1935年からスタートしたブランド。セルビアの民族衣装である、先が尖った革靴のことを”オパナック”と呼ぶそうです。「シューズは革」という時代に、天然ゴム製のシューズを開発するという、当時としては画期的な試みでした。

水を防いでお手入れが簡単、そして滑りにくいこのシューズは農家の人々の間で大人気になり、「OPANAK」はセルビアの農夫靴として国民的ブランドに成長しました。

そして四半世紀経った今でも創業当時から変わらない製法で、一点一点職人の手作業で作られています。



インソールを見ると、これまた素朴な赤いスタンプでサイズ表記がされています。クラシックなデザインにも惹かれますが、デザイン性だけでなく、耐久性や機能性まで細かく考えられていて、つま先部分は足先を守るよう厚みを持たせています。



「SABI」で扱っているのは、ストライプタイプ。クラシカルさ、レトロさを感じさせる、私も大好きなデザイン。雨の日におしゃれして出掛けても、足元だけ浮くこともなくナチュラルなお洋服にとてもよく合います。



「農夫靴」だけあって、庭仕事をするときにも本当に重宝します。ガーデニング好きな方に是非。そして靴収納用の巾着まで付いているなんて、細部まで可愛さ満点のレインシューズ。

雨の日のお出掛けが待ち遠しくなりますね。

 

オンラインストアはこちらから

→その他の「SABI」の記事はこちらから
→その他の「今日のひとしな」の記事はこちらから

SABI

住所:群馬県高崎市通町60
TEL:027-325-0225
営業時間:12:00~17:00
定休日:火曜、水曜
http://sabi-web.com/
instagram:@sabiphoto

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ