ゆっくり珈琲をたてて パンがメインの朝食

器店主の朝ごはん
2022.08.06

「bonton.」横井れい子さんvol.1

こんにちは。 朝ごはん連載、8月を担当させていただく事になりました。
兵庫県芦屋市 「bonton.」 (ボントン)の、横井れい子と申します。
どうぞよろしくお願いします。

朝ごはんは、珈琲とパンにサラダなど冷蔵庫にある食材が定番メニューで、時々和食です。
芦屋には美味しいパン屋さんが沢山あり、お気に入りのパン屋さんで今日はこちら、
次はどちらにお邪魔しようか?とパン選びを楽しんでいます。

今回の朝ごはんのパンは
暑い中テクテク 「boulangerie wada」 さんまで行ってきました。
ついついあれもこれもと買ってしまいます(笑)

珈琲豆は、母が77歳まで営業していた喫茶店。閉店後も専門店さんから送ってもらっています。
珈琲の香りを楽しみながらたてた最初の一杯は、仏壇の父へ、そして私の朝ごはんがゆっくり始まります。

数種類混ぜた生野菜は、1~2日分容器にいれて冷蔵庫に常備しているので、お皿に盛るだけ。
ハーブ塩かナッツ入りドレッシングを少しかけて食べるのがお気に入りです。
アーモンド入りドレッシングは、美味しいものを良くご存じのお客さまに教えていただき、
今ではお取り寄せしています。

こだわり卵をゆでて、珈琲をいれただけの簡単メニュー
シンプルですが、好きが色々詰まった朝食になりました^^

朝食には、明るめのうつわを選ぶ事が多いですが、
今朝は山田晶さんの黒いお皿にクロワッサン乗せたら素敵だろうなぁと
大人な感じにしてみました。
こちらの黒いお皿、パンケーキやおにぎりの朝ごはんにもいいですね。

コーヒーはライオンが描かれた、大隈美佳さんのマグカップに!
太陽星座しし座なので ライオンをチョイス(笑)

大隈さんの描く動物は、愛嬌があって使っていて気分も明るくなります。
作家さんの雰囲気って作品に現れると感じます、いつも笑顔がキュートな大隈美佳さんなのです。

「bonton.」オープン時からのお付き合い
山田晶さんには、イメージを伝えるだけで制作をお願いする事も多く、
手元に届いた時には毎回 「あっ、こういう感じの欲しかったの!」と感激しています。

山田晶さんといえば、猩々緋(しょうじょうひ)の赤い作品を思い浮かべられる方も多いと思いますが
黒もスタイリッシュで漆器のような表情が素敵なのです。

サラダを盛りつけた、前田麻美さんのお皿はダリアの形がエレガントで、
他のうつわとも組み合わせしやすく、使いやすいサイズなのでよく使います。
優しく凛とした中にやわらかい華やかさが魅力的。

サブロウさんの作品は、キルンワークという技法で窯を使って制作されています。
工程が色々とあり手間がかかる技法ですが、作品の世界観がとっても魅力的です。
色遊びも楽しく、厚みもあるので扱いも安心。
これから差し色に楽しめる色や、新作の作品も自宅で使いたいなぁと色々と空想しています。

洋服を選ぶように、今日の朝ごはんのうつわ何にしようかなぁと手に取る時間
無意識に選んでいる時もあるし、これだよね!と、心弾む朝もあり 
朝ごはんのうつわ選びから一日が始まります。

今回使ったうつわです。上から時計回り
ガラス小皿:  サブロウさん(2022年8月企画展 / 2023年4月個展)
黒いお皿:   山田晶さん (2022年8月企画展)
マグカップ:  大隈美佳さん(2023年8月個展)
ダリアのお皿: 前田麻美さん(2022年9月個展)

朝ごはんのうつわ、パンの時は夕食時メイン料理に使っている大き目サイズの出番が多いです。
ささっと作って、ゆっくり朝食をとりたいので、
食材とうつわに助けられて美味しい時間を過ごしています。

来週もどうぞよろしくお願いします。

→「bonton.」の記事はこちらから

→その他の『器店主の朝ごはん』はこちらから

bonton.

兵庫県芦屋市公光町10-10 B.Block 2階
TEL:0797-34-1678
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜・木曜
http://bon-ton.co.jp/
Instagram:@bonton_ashiya

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ