素材の味をそのまま楽しめる「アコメヤの白だし」

今日のひとしな
2019.04.22

~「AKOMEYA TOKYO」より vol.22 ~


いつもの料理が、たった少しの手間で美味しくなるように。たった1つ良い調味料を使うだけで料理の幅が広がることもあります。アコメヤの白だしはそんな調味料です。そのまま薄めるだけで料亭の味を再現できる、本格的な上品な味わいに仕上がります。

m0016
レシピ:白だし山芋とろろ

m0014
国内の原料にこだわり、その素材の味をそのまま楽しめるこだわりの「アコメヤの白だし」3種。素材の味が活きるように、味を調節する北海道産昆布など必要最低限の副原料のみを使用しています。素材の美味しさをそのまま閉じ込めました。


m0013
アコメヤの白だし とび魚 360ml ¥1,000 ※価格は2019年4月現在、税抜き(以下同)

日本海沿岸地方では最高級だしとして知られるとび魚。長崎産・山陰産のとび魚煮干をブレンドし、煮干を焼くことでさらに風味を引き出した濃厚だしです。五島灘のいそしお・北海道尾札部産真昆布・三州三河みりんで味を整え、深みのある旨みとコクが完成しました。おでんや鍋料理に、また卵料理もいつもと違う奥深い味わいに仕上げてくれます。

m0011
アコメヤの白だし のどぐろ 360ml ¥1,000

高級魚として有名なのどぐろの中で、鮮魚としては小さめのものを煮干に加工し使用しています。白身魚である島根県産のどぐろの、本来の旨みを引き出すため、五島灘のいそしお・北海道利尻昆布など、これまた最低限の副原材料のみを加えて完成させた濃厚なだし。筑前煮や煮込みうどんなどの家庭料理も、のどぐろの風味と旨みでぐんと格上げされた味わいで楽しむことができます。


m0012
アコメヤの白だし まぐろ 360ml ¥1,100

高級料亭で好んで使用されるまぐろ節。その中でも血合いを丁寧に取り除いた身の部分だけを削った、鹿児島県枕崎産まぐろ本枯節を使用。まぐろ本枯節の優れた風味をそのまま活かすため、あえて濾過せず「にごり仕立て」に。香りが引き立つお吸いものや、炊き込みご飯などにおすすめ。料亭のだしような上品な香りを楽しめます。ぜひ、一度お試しいただきたい美味しさです。


←その他の【AKOMEYA TOKYO】の記事はこちらから

→お店の紹介はこちらから

AKOMEYA TOKYO 銀座本店

東京都中央区銀座2-2-6
TEL:03-6758-0270(店舗)
営業時間:11:00~20:00
     11:00~21:00(金・土・祝前日)

https://www.akomeya.jp/
Instagram:@akomeya_tokyo

 

3/30(土)オープン!
AKOMEYA TOKYO in la kagu 神楽坂
東京都新宿区矢来町67

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ