思わず「かわいい」の声!「ナンバーケーキ」特別レッスンをプレイバック

編集部ブログ
2020.02.17

こんばんは。インスタ担当のウメダです。

先日お知らせしたイベント「『ナンバーケーキ』出版記念特別レッスン」、お蔭様で無事に22日に終了しました。これまで書店さんや百貨店さんでのイベントは企画してきましたが、今回は料理編集部とコラボした初の試み。ドキドキしながらも可愛いケーキに癒された、当日の様子をご報告しますね。

 

こちらが今回の企画の元となったレシピ本『ナンバーケーキ』。数字の形をしたケーキで、誕生日などにぴったりと、インスタグラムなどでも話題になっています。今回は、1年のうちで一番お菓子作りが盛り上がるバレンタインデーを前に、ナンバーケーキの一種、ハート型のシンボルケーキを作るレッスンを開催しました。

 

会場は、本の著者・加藤里名さんのアトリエキッチンをお借りしました。暖かみのあるアンティーク家具がお菓子教室にピッタリですね。

 

 

まずは厨房で加藤先生のデモンストレーションがスタート。土台となるクッキー生地やホイップクリームの配合など、ポイントを解説しながら作業が進みます。クリームを絞る場面では加藤先生のインスタでインスタライブもありましたよ(画面奥でアシスタントさんが中継中)。かれこれ30年以上(歳がバレますね)お菓子作りをしていない私も、先生から絞りのコツを伺って、「なるほどー!」と納得。力の入れ具合ひとつできれいに絞れるか否かが変わるんですね。先生に直接習うって、貴重な経験ですねー。

 

 

当日は撮影OKでしたので、皆さん手元の様子を撮影したり、レシピにメモを書き加えたり。熱心に加藤先生の手元に見入っていらっしゃいます。

 

 

デモの後は、4人一組のグループで実習です。お子さんと一緒に参加してくださった方も! お揃いのエプロンが可愛い♡

 

作業中は、加藤先生と、アシスタントの方、料理編集部の編集長・Oが各テーブルを回りながらアドバイス。自分でもお菓子作りをする編集長・O(写真がなくて残念!)、手順がしっかり頭に入っているのは、さすが担当編集。

 

こちらができ上り! チョコ生地のクッキーの上にホイップクリームをサンド、仕上げのデコレーションにもハート形のクッキーとイチゴをあしらったバレンタイン仕様です。いやーこれは「映え」ますね。インスタで人気なのもわかります。

 

でき上ったケーキは、ひとり1台お持ちかえりいただきました。参加者のおひとりは、「夫のお土産にします。今年のバレンタインデーは、これでOKでしょう(笑)」とニッコリ。確かに、市販品以上のクオリティ。これに手作りという愛情も加わりますからねー。申し分ないと思います!

 

 

レッスン後には、加藤先生からのサプライズ! 実習したケーキと同じレシピでひと口サイズのケーキを振る舞ってくださいました。大きなサイズとはまた違うキュートさがありますね。大勢が集うパーティでは、こんなプチフールがあると喜ばれそう。   我々スタッフもイベント終了後に試食させていただきましたが、ほろ苦いクッキー生地とホイップクリーム、イチゴのバランスにメロメロ💕

 

 

途中、想定より室温が上がってしまうなど、至らない点があり、ご出席くださった皆さまにはご不便をおかけしました。そんななか、率先してテーブルの上を片づけてくださったり、撮影に協力してくださったり、「こんなにお客さまに恵まれたイベントは珍しい(涙)」と胸が熱くなりました。

そうそう、毎年「大人服」のイベントに来てくださる読者の方と再会できたのも嬉しいサプライズでした。  改めまして、ご参加くださった皆さま、加藤先生、スタッフの皆さま、ありがとうございました!

今後も読者の皆さまとコミュニケーションを深められる、楽しいイベントを企画していきますので、ぜひ御参加くださいね。

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ