とっておきの一斉休校お助けレシピ公開中![料理編]

料理編集部から
2020.03.29

突然の一斉休校措置で全国のご家庭がてんやわんや。家で仕事をしながらお昼ごはんを作ったり、子どもが1人でも食べられるようまとめて作りおきしたり…。そこで主婦と生活社の「料理の本」のInstagram「@ryourinohon 」では、少しでもみなさんのお力になれるよう、「牛乳消費レシピ」に続き、「一斉休校お助けレシピ」を順次公開してきました。それらをまとめて「暮らしとおしゃれの編集室」読者のみなさんにもご紹介。人気料理研究家さんの好評既刊より、選りすぐりのレシピをぜひご覧ください。まずは「料理編」です。

_____

ワタナベマキさん

『材料2つで炒めもの』カバー
『ごはんにかけておいしい。材料2つで炒めもの』

「暮らしとおしゃれの編集室」でもおなじみのワタナベマキさんの新刊。時間がないときにさっと作れる炒めものは家庭の強い味方!

 

「豚ひきとみつばの甘辛炒め」

炒めて味つけして終わり、という超簡単レシピ。いろんな食材でアレンジできそう。

 

「じゃこと小松菜の焼きのり炒め」

最後にふりかける焼きのりが風味と食感のアクセントに。

 

「かじきとまいたけのガーリック炒め」

にんにくと七味が効いたパンチのある味。ご飯が進みます。

 

「ベーコンと豆苗のこがししょうゆ炒め」

しょうゆを焦がし気味にすることで全体がぐんと香ばしく。短時間で旨みが出るベーコンはとっても便利な食材。

 

_____

 

藤井恵さん

『和えサラダ』カバー
『和えサラダ』

タイトルのとおり和えるだけの簡単サラダのレシピ集。献立の一品にあるとうれしい105のサラダをご紹介します。

 

「水菜のごま酢あえ」

さっぱりとした和風のサラダ。ご飯にもよく合います。

 

「たこときゅうりのナムル」

おつまみにもぴったりです。

 

「白菜とツナのにんにくマヨあえ」

子どもが好きな味! ひじきも入って、栄養満点です。

 

_____

 

河井美歩さん

『なんでも、漬けもの。』カバー
『なんでも、漬けもの。』

なんでも漬けものにしちゃおう!というレシピ集。野菜も肉も魚も、この1冊があれば、きれいに使いきれます。漬けものとは言え簡単なレシピばかりです。

 

「キャベツのごまあえ」

View this post on Instagram

弊社の営業担当によりますと、一斉休校措置により、作りおきの本のニーズが高まっているようです。そりゃそうですよね…。  そこで、お子さんにもおいしく召し上がっていただけるような作りおきのレシピを、主婦と生活社の好評既刊より順次ご紹介します。第1弾は河井美歩さん(もうすぐ新刊発売予定!)の『なんでも、漬けもの。』より「キャベツのごまあえ」。甘みがあって、誰もがおいしく食べられる味です。野菜を食べてウィルスに負けない体を作りましょう!   キャベツのごまあえ  〈材料〉  キャベツ…葉5枚(250g) 🅰️白すりごま…大さじ3 |しょうゆ…大さじ1 |砂糖…大さじ1 |酢…小さじ2  〈作り方〉  1️⃣ キャベツは4㎝四方に切る。塩少々(分量外)を入れた熱湯で30秒ほどゆでてざるに上げ、粗熱がとれたら水けをしっかりと絞る。  2️⃣ ボウルに🅰️を入れて混ぜ、キャベツを加えてあえる  ※ゆでたほうれん草やにんじん、さやいんげん、生のトマトで作っても美味。  賞味期限 冷蔵保存で約3日  撮影 公文美和 スタイリング 西﨑弥沙  #作りおき #なんでも漬けもの #河井美歩

A post shared by 料理の本 by Shufu to seikatsu sha (@ryourinohon) on

今が旬の春キャベツで作るとおいしいレシピ。お弁当にもぴったり。

 

_____

 

『あえ麺100』カバー

『あえ麺100』

 

お昼ごはんにぴったりな、簡単麺料理のレシピ集。お店の味が、おうちで手軽に再現できます。

 

夏井景子さんの「明太クリーム、粉チーズ」

View this post on Instagram

『あえ麺100』より、料理家の夏井景子さんが麺のレシピをプレゼントしてくださいました!長引くお休み中のお子さんとのお昼ごはんなどに、ぜひお役立てくださいね。#あえ麺100#夏井景子さん ・ 明太クリーム、粉チーズ ・ ●材料(2人分) 明太子(薄皮を除く)…1腹(2本・80g) A(牛乳…1/2カップ  粉チーズ…大さじ3  塩…ふたつまみ) サラダスパゲッティ(ゆでて冷水で洗い、水けをきる)…200g 黒こしょう…少々 ●作り方 1 器にA、明太子の順に入れて混ぜ、スパゲッティを加えてあえ、黒こしょうをふる。 ・ ハムと長ねぎの青のりマヨ炒め ・ ●材料(2人分) ハム(半分に切り、1cm幅に切る)…6枚 長ねぎ(斜め薄切り)…1/2本 A(マヨネーズ…大さじ3  しょうゆ…大さじ1  青のり…小さじ2) ごま油…小さじ2 そうめん(短めにゆでて冷水で洗い、水けをきる)…4束(200g) ●作り方 1 フライパンにごま油を熱し、長ねぎを弱めの中火で炒め、こんがりしたらハムを加えてさっと炒め、火を止める。A、そうめんを加えてあえる。 撮影/木村拓(東京料理写真)さん

A post shared by 料理の本 by Shufu to seikatsu sha (@ryourinohon) on

初の単著『“メモみたいなレシピ”で作る家庭料理のレシピ帖』の発売を4月24日に控えた夏井さんのレシピ。子どもも喜ぶ味つけです。

 

_____

 

飛田和緒さん


『常備菜2』

40万部の大ベストセラー『常備菜』待望の続編!

 

「豚しゃぶしゃぶ肉の梅あえ」「れんこんとごぼうの黒酢炒め」

View this post on Instagram

料理家の飛田和緒さんが、『常備菜2』からレシピをご提供くださいました。長いお休み中の子どもたちへのお昼ごはんなどに、ぜひ作ってみてくださいね。そして、飛田さんから読者の皆さんにメッセージです。 ----- ・ 読者の皆様へ たいへんな状況のなかではありますが、ご家族で過ごす時間、料理を楽しみませんか。 日ごろ、台所に立つことのないお子様たちを誘って、簡単なたまご料理や、麺料理などを一緒に作ってみましょう。 準備から後片付けまで、お休み中のごはん作り任せしてみましょう。 買い物がままならないなりに、おうちにあるもので何ができるか、そんな料理も実験みたいで楽しいです。 ふだんなかなかできないことに挑戦できるチャンス。 そのチャレンジにぜひ料理をおすすめしたいです。 ・ ----- #飛田和緒さん#常備菜2#写真は吉田篤史さん

A post shared by 料理の本 by Shufu to seikatsu sha (@ryourinohon) on

主菜にもなるボリュームの梅あえと、食感が楽しい黒酢炒めをまとめてご紹介。

 

←その他の「料理編集部から」の記事はこちらから

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ