香川県ならではのおいしいものがたくさん「カフェ963」

今日のひとしな
2020.04.21

~ 「まちのシューレ963」より vol.21 ~

まちのシューレ963」の店内には、カフェがあります。
 
 
テラスのグリーンがよく見える開放的な空間に、地元の家具メーカー「ANITIPOEM(アンチポエム)」が制作したテーブルと北欧の椅子が並んでいます。
 
 

お買い物の合間にゆっくりとくつろいでいただきたけるよう、季節の食材を使ったランチや自家製ケーキなど、香川ならではのおいしいものをご用意しています。金曜日から日曜日の週末には、夜カフェも営業。週替りで季節の野菜や地元の食材を使った一品料理やおいしいパン、そしてオーガニックワインや果実酒など、ひとりでもグループでも気軽に楽しめる、お料理とお酒をお出ししています。

※新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、現在は営業時間を短縮しております。週末の夜カフェ営業は、前日までにご予約のお客様のみとなります。ご了承下さいませ。

 
 
ご好評をいただいているランチは、月2回メニューをかえています。地元・香川県産の食材を中心に、季節のお野菜をたっぷりと使ったメイン料理にサラダ、混ぜご飯、小鉢二品、味噌汁、ドリンクがついた定食です。旬の食材をシェフが丁寧に下ごしらえをし、素材の味を際立たせる程よい薄味に仕上げています。メインは肉もしくは魚を使っていますので、男性でもご満足いただける内容になっていると思います。
 

吉野杉の敷板の上には、その日のメニューや食材のことが書いた敷紙。ランチに使用している器は、店内でも販売しているものもあります。
 

メイン料理をのせる8寸のお皿は、淡路島で活動する「Awabi ware
(あわびウェア)」にオリジナルで作っていただきました。
 
お皿の裏には「963」の数字が入っています。シンプルですが、お料理がひきたつ絶妙なリムのついた、使い勝手の良いお皿です。少し大きめの飯碗も、同じく「Awabi ware」に作ってもらったオリジナルです。
 
 
汁椀には、地元香川の漆芸家集団「森羅 Sinra」に製作してもらった、オリジナルのフリーカップを使用しています。漆塗りは口あたりが良く、熱を伝えないので、片手で持っていただける小ぶりな椀です。
 
 
また、時には金継ぎのほどこされた、お皿や飯碗が出てきます。うつわを長く使っていると、どうしても欠けたり割れたりしてしまいます。それをスタッフ自ら金継ぎで繕い、再度使用しているのです。見た目は少し悪いかもしれませんが、ものを大事にするという気持ちが伝わっていただければと考えています。

「カフェ963」のランチは数に限りがありますので、お席の確保はできませんが、お電話でランチのお取り置きを承っております。お気軽にご連絡くださいね。
 
「まちのシューレ963」  TEL 087-800-7888
(当日分の受付は11:30までとさせていただいております)

「カフェ963」についてはこちら


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、現在は営業時間を短縮しております。

【物販】11:00〜18:00

【カフェ】
月〜木 11:30〜18:00 
金〜日 11:30〜21:00(L.O. 20:00)
※週末の夜カフェ営業は、前日までにご予約のお客様のみとなります。ご了承下さいませ。

今後の営業時間などはHP等でご確認ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まちのシューレ963

香川県高松市丸亀町13-3 高松丸亀町参番街東館2F
TEL: 087-800-7888
営業時間:物販 11:00~19:30
カフェ
<月~木> 11:30 – 18:00(L.O 17:30)
<金~日> 11:30 – 22:00(L.O 21:00)
定休日:第3月曜日 (祝日の場合は振替有)
https://www.schule.jp/
Instagram「@schule963

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ