シンプルな和食の朝ごはん

器店主の朝ごはん
2020.07.05

「flatto」山本歩未さんvol.1

こんにちは。7月の朝ごはんコラムを担当させていただきます、「flatto(フラット)」の山本です。
1回目の朝ごはんは、シンプルかつ質素な我が家の普段の朝ごはん。

献立は、ベーコンエッグ・ご飯・おみそ汁・ほうれん草のおひたし・いちごです。
早起きが苦手で、お恥ずかしながら平日はほぼ子どもと同じ時間に起き、ささっと朝ごはんの用意をすることがほとんどです。なので、朝ごはんはたいがい決まったメニュー。
ご飯の時は卵料理・納豆・みそ汁・あとおかず1品とデザート。
(撮影してから納豆を置いてないことに気付きました…ガーン!)
1品おかずは、たいがい作り置きか前日の晩の残りものです。

ベーコンエッグのうつわは、スナオホームさんの「オーバルリムプレート十二角M」。
リムが12角なのですが見込みは円形なので盛り付けがしやすく、おしゃれにきめてくれます。

マット調で高級感のあるうつわ。
厚みが3ミリほどと、軽くて扱いやすく我が家でも出番が多いです。
黒のうつわは食材の彩りが良く映えるので、色のある食材が特に相性が良いですよ。

ご飯は、水野幸一さんの「銅彩釉 フリーボール」に。
(使用したうつわは、以前のタイプで、現在お取扱いのあるものはブラッシュアップされサイズや形状が少し変わっています)
水野幸一さんの定番かつロングセラーの「銅彩釉(どうさいゆう)」。
金属釉のうつわなのですが、一見ほんものの金属のような質感と風合い。
ゴールドの発色が強いものもありますが、お使いいただくうちにゴールドの色味が落ち着いてきて、全体的にしっとりとした風合いになっていくので、そういった経年変化も楽しめますよ。

メインのうつわがマットな黒だったので、シックな色味であわせてみました。ご飯の白が映えますね。
なめらかな質感なので、ご飯がくっつかず食べやすいのもうれしいです。

ほうれん草のおひたしは、石井桃子さんの「3寸花小鉢」に。
石井桃子さんの染付のうつわは、どこかノスタルジックな雰囲気があり、それでいて可愛らしくとってもお気に入りです。
定番の「花唐草」のシリーズも女性らしいタッチでとっても素敵なんです。

石井桃子さんのこだわりポイントは、高台にも描かれた図柄。
そういう、さりげないこだわりにグッとハートをつかまれてしまいます。

いちごのうつわは、吉村桂子さんの「イロサシ角皿8cm角」。
刺し子のイメージでデザインされたガラスの豆皿です。

とても素敵なのですが、残念ながらメーカーの都合で原料が手に入らなくなってしまったため、「イロサシ」シリーズは制作できなくなってしまったのです。
陶磁器でも、色々な原因で原料が手に入らなくなったという話を聞きますが、今まで使っていた原料が手に入らなくなることは作家さんにとって死活問題。
ただ、原料屋さんも色々と大変なようで、大きな製陶メーカーさんや窯元さんが減っていることも大きな要因だそうです。

冷茶を入れたグラスは、昨年2019年の9月に企画展に参加いただいた「とりもと硝子店」さんの「アブクグラス細」。

ななめに入ったゆらぎのデザインが特徴的なグラス。
手のなじみが良く、とても使い勝手の良いガラスのうつわです。
箸置きは奥田章さんの「はしおきヤクミ(金彩)」
薬味皿としてもお使いいただける箸置きです。
みそ汁の汁碗は市販品。
みそ汁はキャベツ・大根・しめじ・おあげが入っていますが、なるべく野菜をたくさん入れるようにしています。

うつわだけ並べた写真も撮ってみました。料理を盛るとガラッと雰囲気が変わりますね。
「うつわは料理を盛って初めて完成する」という話をよく聞きますが、確かにそうだなぁと感じることも多いです。
ついつい、うつわの表情などに目がいってしまいますが、やっぱり使い勝手は大切ですよね。

今回は、撮影をするということでうつわの組み合わせを考えてコーディネートしましたが、ふだんは食器かごにあるうつわや食器棚の上の方にあるうつわを手に取ってしまいがちです。
改めてこうしてじっくり選んで使ってみると、食材はもちろん他のうつわなどのアイテムとの組み合わせでも印象が変わったりするなぁとしみじみ感じました。
実店舗ができてから、来てくださったお客さまの相談に乗らせていただく機会も増えてきたので、少しずつでも考えながらうつわ使いをする習慣をつけていかなければ、と思います。

今回使用した作家さんの商品ページはこちらです。

スナオホームさんのうつわ
https://flatto.jp/?mode=cate&cbid=2095273&csid=0

石井桃子さんのうつわ
https://flatto.jp/?mode=cate&cbid=2391585&csid=0

水野幸一さんのうつわ
https://flatto.jp/?mode=cate&cbid=1797326&csid=0

吉村桂子さんのうつわ
https://flatto.jp/?mode=cate&cbid=2054708&csid=0

奥田章さんのうつわ
https://flatto.jp/?mode=cate&cbid=1902449&csid=0

それでは、第1回目はこのへんで。
また第2回でお会いしましょう!

→「flatto」の記事はこちらから

→その他の『器店主の朝ごはん』はこちらから

和食器セレクトショップflatto(フラット)

滋賀県大津市北比良1043-62
TEL:077-576-3174
営業時間:11:00~17:00
定休日:月・水・隔週土日
https://flatto.jp/
Instagram:@flatto2014

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ