自由にスタッキングしてみて 「HASAMI PORCELAIN」の食器シリーズ

今日のひとしな
2021.01.15

~「YARD」よりvol.15 ~

おはようございます。今日は「HASAMI PORCELAIN(ハサミポーセリン)」の器をご紹介いたします。

波佐見焼の老舗商社「西海陶器」と、LAを拠点とするデザイナー篠本拓宏氏(tortoise)のディレクションからうまれた「HASAMI PORCELAIN」。長崎県で製作される波佐見焼ブランドになります。

当店のある熊本と海をはさんだ隣の県、長崎。その長崎県の内陸にある波佐見町より生まれた「波佐見焼」。耳にしたことがある方もとても多いと思います。山や川など自然に囲まれたこの町が国内外に広く知られる理由は、「波佐見焼」の存在があるからに他なりません。毎年ゴールデンウィークに開催される陶器市は有名ですよね。

ハサミポーセリンの器は適度な重さもありちょうどいい。

マットで直線的なラインや独特な洗練されたデザインが圧倒的な人気を博しているんだと思います。当店でも常に品薄です(笑)。和食器のような洋食器のような、なんとも言えない落ち着いた佇まい。いいですよね。

見た目もシンプルでセンス抜群な上に、なんと電子レンジや食洗機に入れてもOK! なので、まさに‟日常の器”としてどんどんお使いいただけるんです。

もうひとつ私がオススメしたい理由は、器のサイズが一定のモジュールに従ってデザインされていること。マグカップ、ボウル、トレイなどそれぞれのアイテムが同じ直径で作られているため、きれいに重ねることができ、収納しやすく、持ち運びも便利。重ねた姿もモダンで、インテリアとしても飾っておきたくなるデザインなんです。

私がお話を伺っていて「素敵なアイディアだな~」と思ったお客様は、大きな丸い器を2段重ねにし、その上に木のトレイをフタにして、なんと重箱として愛用されているのだとか。普段は、肉じゃがなどの煮物などにも使い、来客の時は、お稲荷さんいれたり、ちらし寿司をしたり、おやつを入れてテーブルの真ん中に。私も真似したいなーと思っています。

当店「YARD dining」カフェでのカレーやパスタ、デザートなども「HASAMI PORCELAIN」でご提供しています。お料理と一緒にぜひ器も楽しんでいただけると嬉しいです。

土地の手触りを感じられるざらっとした仕上げも特徴的な“ひとしな”は、そこに在るだけで、食も空間も美しく彩ります。確かな品質と安心感の「波佐見焼」なので、お祝いの品としてプレゼントにも大変オススメです。

とことんおしゃれで便利な器たち。使うたびに良さに出会う本当に使い勝手もよいテーブルウエアです。「HASAMI PORCELAIN」シリーズの在庫状況やお値段など、お気軽にお問合せくださいね。

今日もご覧くださりありがとうございました。
また明日もよろしくお願いいたします。

 

「HASAMI PORCELAIN」シリーズ
Natural / Black / Gloss Gray
(※在庫状況やお値段など、お気軽にお問合せ下さい!)

※ご注文をご希望の方は、インスタグラムのダイレクトメッセージもしくはお電話にてお問合せいただけますよう、お願い致します。

→その他の「YARD」の記事はこちらから
→その他の「今日のひとしな」の記事はこちらから

YARD

住所:熊本市東区神水本町27-21
TEL:096-285-6592
※cafeご予約 096-285-6591

営業時間:11:00-18:00
※cafeラストオーダー 17:00

定休日:水曜日
https://www.com-project.jp/com/
instagram:@yard_haus
オンラインショップ:https://www.yard-online.com/

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ