土鍋でお米、炊いてみませんか? 十場あすかさんのごはん鍋

今日のひとしな
2021.04.25

~「Taine」よりvol.25 ~

本日は先日ご紹介した十場天伸さんの奥さまでもある、十場あすかさんのごはん鍋をご紹介いたします。

お二人の作品をご覧になるお客さまに、「ご夫婦なんですよ!」とご説明すると、作風の大きな違いに皆さま驚かれます。正直私たちも最初は驚きました(笑)。

そんなあすかさんの器は、田んぼで採れる稲ワラを使った藁白釉の器が魅力的。なんといってもこの体温を感じるやさしい白……あすかさんの飾らない自然体なお人柄そのまま。我が家では毎日登場するくらい、どんなお料理も受け止めてくれる万能選手です。

今回ご紹介する「ごはん鍋」は、たくさんの種類の中でもお問い合わせが多い人気アイテムなんです。

熱が対流しやすいぽてっとした高さのある形状が、お米をムラなく均一に美味しく炊き上げてくれます。細やかな火加減の調整要らずで初めての方にも安心してお使いいただけます。

土鍋にサワラの木蓋。

あたたかみのある自然素材を組合わせたコントラスト、昔の羽釜を思わせるレトロな雰囲気も親しみが湧きますね。使い込むほどに変化していく風合いも日々の暮らしの中でお楽しみください。

2合炊き ¥24,200
5合炊き ¥30,800
※9 月ごろ入荷予定

 

→その他の「Taine」の記事はこちらから
→その他の「今日のひとしな」の記事はこちらから

Taine

住所:石川県金沢市里見町12
TEL:076-264-0783
営業時間:12:00-19:00
定休日:火曜、水曜
https://www.taine-kanazawa.com/
instagram:@__taine

 

 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ