‟グラス好き”が自信を持ってオススメします!「木村硝子」のグラスたち

今日のひとしな
2021.09.08

~「SABI」より vol.8 ~

毎日使う日用品の中でも使用頻度の高いものの一つ、「グラス」。朝起きてまず一杯のお水を飲むのは、使い勝手の良いスペインのグラス。野菜ジュースを飲むときは、大きめなインドのグラス。休憩のときに麦茶を飲むのは、ちょっと変わった形のイランのグラス……、とその時々によって色んなグラスを使い分けています。

グラス好きなので好みのものを見つけると、「ああ、これで飲んだら美味しいだろうな」と想像してしまいます。

大好きなグラスは沢山あるのですが、このグラスもその中のひとつ。「木村硝子」は、100年以上前に東京で創業したテーブルウェアの老舗です。こちらのグラスは、ちょっと特別感のある極薄のグラス。東京下町のガラス工場で手作りされています。



グラスの厚みは1mmよりも薄く、持つととても軽く、飲み物をそのままもっているような不思議な感覚がします。この薄さが極上の口あたりにしてくれるのです。飲みものがすっと口に入り、唇にあたるグラスの感覚があまりないので、飲みものがふわっと繊細に感じるのには驚きました。

口あたりって大事なんですね、飲みものが特別なものに感じます。

このグラスは形が3種類あり、タンブラー型、筒型、台形型。お茶もジュースもビールやお酒も、このグラスで飲むと特別な飲みもののように感じますよ。

もうひとつ、「木村硝子」で気に入っているグラスがあります。ひらひらとしたかわいい形のグラスは、料理家・渡辺有子さんがデザインした‟モールグラス”。

光が当たるととても美しく、テーブルが華やかになります。冷たい飲みものはもちろん、温かいお茶にもよく合いおすすめです。たまに一輪挿しのようにしてお花を飾ることも。

割れてしまうから、と敬遠されてしまうこともありますが、素敵なグラスで、ゆっくりと時間をかけて飲む一杯の飲みものは、何にも代えがたい、心が満たされるちょっと特別なひとときを作ってくれます。

オンラインストアはこちらから

→その他の「SABI」の記事はこちらから
→その他の「今日のひとしな」の記事はこちらから

SABI

住所:群馬県高崎市通町60
TEL:027-325-0225
営業時間:12:00~17:00
定休日:火曜、水曜
http://sabi-web.com/
instagram:@sabiphoto

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ